自転車保険の義務化 どんな保険に入るか

リスク管理

4月から、東京都でも自転車保険の加入が義務付けられています。
2015年10月に兵庫県で義務付けられて以降、
すでに多くの都道府県で義務化が始まっています.

自動車保険の義務化とは何なのか
自転車保険は必要なのか。
どんな保険があるのか紹介していきます。

この記事を読むと自転車保険の必要性や加入方法が分かります。

自転車保険の義務化

自動車保険の義務化とは、
2008年に神戸で発生した事故では、当時小学5年生の男の子が、
自転車に乗っているときに女性に衝突し、女性は頭蓋骨骨折、意識不明の重体となってしまい、
その後2013年に裁判で男児の保護者に対して約9,500万円もの判決が命じられました。

このことをきっかけに、兵庫県では2015年に国内で初めて、自転車保険の義務化の条例が制定されました。

自転車事故による被害者の救済と、加害者の経済的負担を軽減することを目的として、自転車保険に加入するように条例で義務づけたものです。
これから義務化の流れが順次全国に広がってきています。
法律ではなく各地方自治体が定る条例で定めるものなので義務化されている市町村や地域は現在15あります。

義務化されているのはどの都道府県か

仙台市、埼玉県、神奈川県、静岡県、長野県
名古屋市、金沢市、滋賀県、京都府、大阪府
兵庫県、鹿児島県
4月から義務化された
東京都、奈良県、愛媛県

自転車保険は必要か

以上のべたように全国的に見ると自動車保険が義務化されていない地域もあります。

義務化されていないからといって事故の確率が低くなるわけでも賠償が安くなるわけでもありません。

子供さんによる事故でも賠償責任は親に来ます。
後で述べるように自転車保険は自動車保険と違い非常に小額で入れます。
ですから自分の地域で義務化されていないからと言って保険に入らないより入った方が良いという事になります。

個人賠償保険に入っているか確認

自転車の事故は個人賠償保険でカバーされる場合が多いです
また家族の事故も賠償の範囲になっていることがあるので、損害保険の特約で入ってないか

確認しましょう。

個人賠償保険に入っていれば自転車保険に加入する必要はありません。

どんな自転車保険があるのか

ここでは保険金が安く負担のないもの3つを選びました。

相手のけがが保証されるのは持ち論ですが、自分だけでなく家族の事故も保障されるか

入院保障はついているかなどの違いがあります。

またこの三つは自転車が事故で壊れた時などのロードサービスがついている保険ではありません。

その中でもライン保険の「かぞく全員安心保険」がオススメです。

①LINEほけん 「かぞく全員安心保険」
保険料 月額140円(LINE利用者の場合)
家族全員保障 1億円
自分がけがをした 入院日額 500円
ロードサービス X

自転車事故に限らない個人賠償保険です。
家族全員の事故を保障してくれます。
示談代行もしてくれる低価格で十分な保険です。

②全日本交通安全協会 「サイクル安心保険 プランA」

月額 103円
ミニマムな保険です
相手のけが1億円保障ですが、入院なしで家族はだめロードサービスもなし。
自転車事故だけに特化していますが37円節約してもという感じですね。

③楽天損保 「サイクルアシスト」
月額250円
家族の事故も 1億円 保証がついています
入院2500円保障がついていますが正直医療保険に入っている方なら意味ないです。

楽天会員なら加入は簡単でポイントも貯まりますが、入院だけで250円払う必要はないと思います。

まとめ

自転車事故でも高額の賠償が課されることがあり、義務化の流れです。

特に子供の事故もあり得ますので

リスク回避しておく必要はあるでしょう。

但し、個人賠償保険の家族型に入っているならあまり必要がありません。
損保の特約でついていることも多いので確認して入ってなければ

ラインほけんの「家族全員安心保険」に入っておいてください。

 

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました