住居確保給付金について コロナで利用しやすくなった

ニュース

コロナの影響で雇止めになったり解雇されたり
失業しなくても自宅待機で収入が減り家賃が払えなくなったら
勿論良くないですが、今までならネットカフエ難民とかありましたが今はそれもダメです。

家賃が払えなくなると住居を失ってしまいます。

大家さん側としても家賃の滞納や減額が重なるとローンが払えなくなり
サラリーマン大家さんだったら破産しかねません。

そこで利用したいのが「住居確保給付金」です。

住居確保給付金とは


これは国が家賃を支払えなくなった人の代わりに家賃を3か月分(最大9か月)支払ってくれる制度で
なんと返済は不要なんです。

こんないいものが、これまであまり利用されてこなかったのには理由があります。

給付の要件に
離職等により経済的に困窮し、住宅を失った、または失う恐れのある方
離職してから2年以内の方

と失業していることが前提だったからです。

しかしこの4月20日から緩和され、失業していなくても収入が著しく減少した人も含まれるようになりました。
自宅待機やバイトのシフトが激減、個人事業主なら仕事がカットされたなどです。

収入と預貯金額に要件があります。
またハローワークで求職活動をしていることも要件になります。

(当分はハローワーク窓口へ行かなくてもネット予約で可)
但し職業訓練給付金を受けているときは除外されます。

支給要件

このほかの支給要件としては
収入要件 (地域により基準が違いますので要確認)
多いのは

世帯人数   世帯合計月収上限(額面)
単身者    12万円
2人      17万円
3人      21万円となっています

証明書類として
給与明細 通帳 年金手帳 が必要です。

個人事業主なら仕事の依頼を断られたメールなど用意しておくと良いでしょう。

次に預貯金要件があります
単身者      50万円
2人り     75万円
3人      100万円と
これ以下であることが条件です。

収入がなくても預貯金が十分あればそれで支払ってくださいというのは当然ですね。

注意する点としてこの給付委は申請者に支払われるのではなく、

大家さん又は管理会社の口座へ直接振り込まれます。

また家賃のみで共益費は入りません。

また未払い家賃があっても充当されず,申請受理の月の家賃から振り込まれます。

相談窓口は

相談窓口は都道府県の自立支援機関です。

検索サイトは

こちらです。wamnet

社会福祉協議会が窓口になっているところが多く,

どこも大変混雑していると思いますがあきらめずに相談してみてください。

 

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました