年収300万円からお金持ちになる方法

お金
  • 働いても給料が上がらず年収は300万円もいかず貯金もない
  • 将来年金も減らされるというし不安だ
  • 生活は苦しいうえに忙しくて考える余裕もない

と言われる方もいらっしゃると思います。

この記事を読むと

あなたがお金がない理由

年収300万からでもお金持ちになれる方法がある

今から行動すれば誰にでもできる

ということが分かります。
大金持ちは無理でも小金持ちくらいにはなれます。

そうですね。年数によりますが20年続ければ資産数千万にはなっているはずです。

なぜそういう事が言えるかというと
私も起業した当初は年収100万円くらいでした。

それからも300万時代がしばらくつづきましたが、この記事に書いたように継続的に実践して、小金持ちになることが出来たからです。

年収300万円の方の手取りは約240万円、手取り月収は約20万円です。

月額20万円あれば大丈夫。

希望を捨てず勇気をもって行動すれば成功に近づきます。

 

年齢は関係なく早くスタートすることが成功の秘訣です。

あなたがお金がない理由

この記事を読んでいる方の中には
「給料が安い、または商売が儲からないから

お金がなく貧乏だ」とおっしゃる方もいらっしゃるでしょう。

しかし年収が少ないために貧乏なのではないのです。

年収300万が400万になっても、800万になっても

この理由が分からなければ、貧乏から脱却出来ません。

ではその理由を言いますね。

あなたがお金がない理由は

資産を買わず負債を買っているからです。

お金の使い道として資産を買うか負債を買うかがあります。

資産とはお金を生むものです

その反対に負債とはお金を減らすものです。

お金持ちは資産を買い貧乏人は負債を買います。

例えば不動産

お金持ちはホテルやマンションなどといったお金を

生む資産を買っているからお金持ちになります。

一方貧乏人は資産のつもりでローンを組んで家を買います.

家はお金を生まず、利息と固定資産税や保険などの

支出がずっと続くので貧乏になるわけです。

また車も同じ

タクシー会社を経営する人は車を買っても

資産です。

一方私たちが車を買うとお金が出ていくので

負債です。

金持ちはお金を産む鶏を手にし、貧乏人は持ちません。

資産を持たなければ貧乏から脱却できません。

ではどうしたら良いのか次に考えてゆきます。

貧乏脳と金持ち脳の関係についてはこちらを

年収300万でも小金持ちになれる方法

以上述べたことからまず負債を買わず資産を買えば良いということが分かります。

問題は資産を買うお金がないことです。

月額20万円の収入では貯金もあまりできてないでしょう。

しかし答えは簡単。

お金を作ればよいのです。

まず始めてほしい簡単な二つの方法があります。

絶対に借金する(カード利用も同じ)してはいけません。

リスクゼロでお金を生み出す

 ①ポイントサイトを利用する

はぴたすなどのポイントサイトを使って年会費無料のクレジットカードを作ったり

資料請求やセミナー参加、無料会員登録などの無料案件で5-7万円稼げます。

全く無料で労力もほとんど掛からないのでお勧めです。

詳しくはハピタスをご覧ください。

サイトを持ってる方ならセルフバックの方が報酬は高いです。

ASPの登録をしてセルフバック可能案件を試してみてください。

 ②不用品販売 

メルカリ、ラクマ、ヤフオクなどに登録して不用品を販売します。

本、ゲーム、スニーカーなどすぐに売れます。
写真を撮り、商品説明をつけるのはるのは少し手間ですが、

他の出品者から写真の撮り方、説明の書き方など参考にしてください。

この①②を行うと、誰でも15-25万円くらい生み出せます。

このお金を副業の資金にする事も出来ますし、
また転職してすぐには入らない給与の補填にも使えます。


またもしカードのリボ払いをしている方はこの資金を使ってすぐに返済してください。

負債を処分又は見直す

毎月出ていくお金=負債ですが、ここでは主に6つの見直しをします。

倹約の類は入っていません。苦しくならない程度で倹約できるならやっても良いと思います。

見直すポイントは次の6つです。
順番に見てゆきましょう。

  1. 住居費の見直し
  2. 車の見直し
  3. 保険の見直し
  4. 通信費の見直し 格安SIMにする
  5. 節税する
  6. リボ払いなどの利息を見直す

 住居費の見直し

見直しは支出金額が大きくて

効果の高いものから行いましょう。

住宅ローンを払っている方は返済の軽減を金融機関に相談する。

賃貸の方は毎月の家賃を見直しましょう。

単身者で7万以上の家賃を払っている方は見直したほうが得です。

少し古い物件、もしくは広さ、駅からの距離など条件を下げれば

どこでも安い物件を見つけることができます。


後で述べるように地方へ移住してしまうというのも手です。

月2-4万円くらいの削減ができるのではないでしょうか?

 車を手放す

都会にお住みの方は車はどうしても必要という事はないと思います。

公共交通機関を利用し、どうしても必要な時はレンタカーやカーシェアリングを利用しましょう。

地方の方で車がないと生活できない方はカーリースや中古車にするとか、

駐車場を安くするなど試してみてください。

また自動車保険の見直しも年間数万円単位の節約になることがあります。

車のローンや保険、駐車場代、ガソリン代などの経費がなくなることで、

月3-5万円くらい浮くはずです。

 保険を見直す

保険料=純保険料(保険金支払いにあてる)+付加保険料(保険会社の手数料)

というのはFP3級試験で問われる内容です。

それくらい保険料は手数料が前提になっています。


手数料の高い大手保険会社から保障額はそのままにして、

手数料の安いネット保険に変更しないといけません。


リスクに備える必要はありますが、保険一択という考えは時に損になります。

医療保険は入院費と手術代しか出ません。

また入院5日目からとか制限があったりして思ったほどもらえないこともあります。

ガン保険はもらえない種類のがんがあったりして、

診断給付金がもらえないことも良くあります。

公的健康保険に入っている方なら高額医療費限度額の制度があり、

年収300万くらいの方は、医療費に関しては自己負担が

月額57600円を超えることがありません。

むしろ入院手術後の通院費用の方が負担となりますが、
医療保険ではカバーできません。
貯金や投資で作った現金の方が役に立ちます。

20歳から60歳まで5000円の医療保険に入っていると支払総額は240万円!
いざというときそれほど貰えるでしょうか?

240万円を半分貯金半分投資に回したら、

20年で500万円以上になる可能性があります。

どちらが得か考えてみても損はないです。

先進医療特約は月300円くらいだから得なんだと思っている方も、

特約は主契約があって初めて契約できるものです。

主契約を見直しましょう。

生命保険も貯蓄型は不利な場合が多いです。

60歳までは死亡する確率が低く、保険料は安いので、

ネットの掛け捨てタイプに切り替えたほうがお得です。

月1-2万円減額を目標に見直していってください。

 格安SIMに変える

キャリアのままの方、キャリアサービスで使えるのは年齢認証くらいですよ。

使い勝手は格安SIMも大して変わりません。


ゲーム配信などで、通信速度の気になる方は

別にして、格安SIMで全然問題ありません。

キャリアの方は月の支払いが7-8000円にはなっているはずです。

格安SIMは会社によりますが1500円ー3000円くらいです。

格安SIMに変えることで月5000-6000円浮きます。

私も楽天モバイルですが全然問題なく

しかも楽天ポイントで支払えるので実質負担はゼロです。

どこでもよいと思います。ご自分に一番合いそうなのに変えてください。

さらにネット回線を契約している方はポケットwifiに変えると
費用が1500円程度下がります。

、スマホのデザリングで賄えるのであればネット回線は不要という方法もあります。

 節税する

ふるさと納税を利用すると年間数万円浮いてきます。
返礼品を食品にすると
食費が助かります。
詳しくはこの記事をご覧ください。

もう一つ節税策です。
これは次に述べる自分のビジネスを持つを実践した場合ですが
税務署に事業申告の届を出すことにより、自分の事業の経費を節税することが出来ます。

例えばネットビジネスでアフィリエイトを始めたとして、
必要なパソコン、サーバー、ドメインなどの経費は必要経費となります。

事業が赤字になると確定申告で赤字分が源泉徴収された、
税金から差し引かれ戻ってきます。

(税務申告は適正にしてくださいね。
黒字はちゃんと申告必要があります)

最初赤字でもリスクを恐れず起業出来るわけです。

 リボ払いなどの利息を見直す

カードローンやリボ払いをやってしまうと、
利息が利息を産む負のスパイラルになり、なかなか抜けられません。

ハピタスやセルフバック不用品販売などでできた資金で返済してしまいましょう。

毎月浮いたお金を貯金や投資に回す

これまで述べた6つの方法で年収300万の方でも
月4,5万から多い人は7-8万円近く浮いてきます。

しかし、このお金をただ使ってしまっては富豪になれません。
これで資産を買わないといけません。

全額を投資しては勿論ダメですが、自分のリスクの取れる範囲で投資を始めましょう。

しかし、貯金がない人は生活費の3か月分の貯金がない間は投資をしてはいけません。

人によりますが50万ー100万程度は貯金が出来てからにしてください。

イザというときの生活防衛資金が出来てから
投資を始めましょう。

ここまでくると月々33000円の積み立て投資を始めます。
つみたてNISAです。

年間40万円が限度ですので、これまでの対策を行ってきた方なら
だれでも無理なくできるはずです。

つみたてNISA運用の期待値がどれくらいかというと

年間40万円投資で利回り5%期間20年間の場合は1368万円となっています。
金融庁HPから転載しました。

※これはあくまでシュミレーションで結果を保障するものではありません。

一つの参考にしてください。あくまで投資は自己責任ですので。

つみたてNISAにかんしてはこの記事をご覧ください。

 

証券口座を持っていない方は作っていきましょう。私も使っているスマホに特化した証券

SBIネオモバイル証券

自分のビジネスを持って収入を増やす

でも年間40万円の投資だけでは小金持ちにはなれても富豪にはなれません。

お金の法則は
資金合計=収入ー支出+(投資X運用利回り)
なので投資金額を大きくしないといけないのです。

ではどうするかというと、お金持ちがどうしているか見習えば良いです。

一部の大企業の役員を除くとみんな自分の事業から収入を得てそれを投資してお金持ちになっています。

稼いでる弁護士や開業医なども自分のビジネスと言ってよいと思います。

貴方も自分のビジネスを持って収入を増やしましょう

それにはまず副業をしてゆくことです。これをしないと真のお金持ちにはなれません。

物販やアフィリエイトなど色々あり

この記事で解説しています。

転職を検討する

今給料が安く生活のコストも高く、ストレスがあるなら
転職を考えることも選択肢の一つです。

あまりに忙しすぎる場合は生活の見直しもできないかもしれません。

転職のメリットとしてお金だけでなく時間の余裕ができることが大きなメリットです。

そうすることがストレスの減少につながります。

副業を始めても続かない理由はストレスと時間の制約にあります。

副業を始めるなら環境を整えねばなりません。

今の会社が副業OKか確認して下さい。

OK出ない会社で給与が上がる見込みのない会社は最悪です。

それなら収入は少し下がっても派遣のほうが良い。

副業に回せる時間を作ることが大切で、思い切って
地方で仕事を見つけることも選択肢になります。

週末移住について書きました。
週末田舎暮らしをやってみませんか

今から行動すれば誰にでもできる

ここまで述べた方法は私も経験してきた方法で、
だれでもその気になれば実行できる内容です。

本当にそんなことができるのかという反論があると思います。
勿論いっぺんにお金持ちになれるわけではありません。

しかし、例えば保険を見直すとか、携帯を格安SIMに変えるとか、小さなことを積み重ねてそこから生まれた5000円、1万円を無駄にせず、大切にしてゆけば少しづつ貯金も投資もできるようになります。

そして5年10年と積み重ねてきたあなたと何もしない
あなたとでは大きな差がついているはずです。

このことを私は20歳代に気が付いていたらと残念でなりません。

ですから若い方にはチャレンジしてもらいたいです。

ただ大事なポイントがあります。それは継続することです。

思い付きで始めてもすぐやめてしまうことになります。

本気で自分の人生を変えてみようと思うなら、いったんやり始めたら継続することです。

それと最初の成果が肝心

ゼロ→1にすることです。

最初から大きな結果が出ません

でも行動しなければゼロはゼロのままです

ゼロ→1にすることで2になり3になりやがて100とか大きな数字になります。

まとめ

この記事では

  • あなたがお金がない理由
  • 年収300万でもお金持ちになれる方法
  • 今から行動すれば誰にでもできる

事を解説しました

50歳から始めた私が出来たのですから

若いあなたにできないはずはありません。

頑張ってください。応援しています。

証券口座を持っていない方は作っていきましょう。

私も使っているスマホに特化した証券

SBIネオモバイル証券

コメント

  1. […] プチ富豪になる方法 […]

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました