新NISAとは何か 新NISAのメリットとデメリット

投資
パソコン,ラップトップ ビジネスイメージ

現行のNISAは2023年で非課税期間が終了し、その後2024年からは新NISAが始まります。

これからNISAを始めようとしている方は新NISAが良いのか積み立てNISAが良いのか

気になると思いますので新NISAについて調べてみました。

この記事では

新NISAとは何か
新NISAのメリットとデメリット
積み立てnisaとではどちらを選ぶべきかについて

書いていきます

結論は

新NISAは積み立て重視

メリットはほぼないデメリットのみ

積み立てNISA選択で良い

という事になりその理由を述べます。

新NISAとは

一般NISAは2023年で制度が終了するという事が分かっていましたが

廃止され積み立てNISA一本になると思われていました。

しかし、2024年から新NISAとして継続されることになりました。

現行の一般NISAは2023年で終了し

2024年から

新NISAとなることになりました。

もともとNISAには一般NISA、積み立てNISA、ジュニアNISAとあります。

しかし口座数が多いのでは一般NISAで、

個別株運用している投資家が非課税枠を利用するという目的で口座を保有し、

国の目指す貯金から投資へという流れに沿っていなかったことから

今回積み立て重視の新NISAになったものと思われます。

まず前提として

一般NISAと積み立てNISAの違いを見ます

一般NISAは非課税期間が5年間

年間限度額は120万円

というほかに投資対象に上場株式も含まれる点が、つみたてNISAと違います。

また運用方式もつみたてNISAが積み立て方式なのに対して制限がなく、

結局非課税枠のある一般口座という性格なので、一般投資家中心に

口座数が一定あります。2019年6月時点で

「一般NISA」は約1162万口座、「つみたてNISA」の口座数は約147万口座となっています。

新NISAの変更点

変更点は従来の単純な1階建てから2階建てになったという点です。

1階部分 年20万円の積み立て

2階部分 年102万円の投資 合計で年間 122万

しかし積み立てしないと2階部分の

投資ができない。

つまり入口は1階しかないという構造です。

投資できる金額は5年で610万円です。
1階部分は現行つみたてNISAのように
金融庁おすすめ投資信託、ETFで上場株式は含まれません。

2階部分もレバレッジを利用した投信、通貨選択型の投信などの高リスク商品は除外されました。

ではメリット、デメリットはどうかというと

新NISAのメリットデメリット

メリットですが、正直ありません。

一方デメリットは一杯あります。

通常投資枠が120万から102万に減額されましたし、
また積み立て枠の20万は微妙です。

なぜかというと積立期間は5年間しかなく、いったん下降相場に入ると取り返すチャンスが無くなる可能性が

高いからです。積み立ては20年という長い期間あって初めて生きてくるからです。

この記事に理由書いていますのでご覧ください

また積み立てを20万X5年=100万円という小額でやる意味があるのでしょうか?
増えたとしても微々たるものです。

1階と2階では商品選択も変わりますので管理も面倒になります。

こうなると制度変更の目的は何?という事になりますが、NISAは先ほど述べたような

一般口座の優遇策という批判があったために変更した、とも言われていますがはっきり言って意味不明です。

初心者は積み立てNISAで良い

まとめとしては、結局新型NISAは使いにくくメリットもないことから

つみたてNISAで良いと結論付けます。

まだ証券口座をお持ちでなくNISAを始めたい方は

証券口座を開設しておきましょう

ネオモバイル証券がオススメです。

理由は

  • 月額200円で手数料ゼロの取引放題
  • 3ステップで注文が出来る
  • 取扱商品は優良銘柄に絞った少数精鋭
  • 1株(数百円)からの少額投資が出来る
    と株初心者が低リスクで沢山の経験を積むことに適した特徴があります。

SBIネオモバイル証券をみてみる

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました