慢性の腰痛は入浴で治そう

記事が気に入ったらフォローお願いいします

​​

スポンサーリンク
スポンサーリンク


​​ 腰痛には急性と慢性がある​​​​​

​​

​​腰痛には急性の腰痛(ぎっくり腰など)と慢性の腰痛があります。

 血行不良が関係している腰痛であれば、お風呂に入って温まることで血行を促すのが効果的です。
一方、急性の炎症の起っている腰痛、神経を刺激する可能性のある腰痛など激痛に繋がる腰痛は、
お風呂に入ってしまうと悪化の原因になりますので注意しましょう。

​​​​​ 慢性の腰痛は入浴で治そう​​​​​

しかし、慢性的な鈍い痛みを感じる腰痛は冷えや運動不足などが血行不良で起こる腰痛です。

 血行は患部を中心に体を温めることで改善しますし、湯船に浸かる入浴は水圧による
マッサージ効果も得ることが出来ます。
この他、お風呂に入ることは副交感神経の働きを優位にすることで、リラックス効果も
得ることが出来ます。​​

​​​ 内臓の病気による腰痛はお風呂に入った方が良い!​​​​
​​

 腰痛にはぎっくり腰やヘルニア、坐骨神経痛などによるものばかりではなく、内臓の病気による
ものもあります。
 例えば、胃や腎臓、膀胱、婦人科系の病気でも、腰痛が起こることがあります。
このような場合にはお風呂の入るかどうか悩む方が多いのですが、内臓の病気による
腰痛の原因はあくまでも内臓の病気です。
 医師に相談の上禁止されなければ、お風呂に入って血行を良くし、正常な体温の維持、
免疫力アップなどの効果を期待するのが良いでしょう。

​​

​​ ​慢性的な腰痛はお風呂で治そう​​​​

このように慢性的な腰痛、内臓の病気による腰痛など血行不良から起こる腰痛には入浴が効果的です。
という事は入浴時にはさらに決行を良くする入浴剤を使えばさらに効果が高まり、腰痛も改善されるということですね
入浴剤には毎日のお風呂で温泉気分が味わえます。
入浴タイムが楽しくなります。
慢性腰痛でお悩みの方は入浴剤試してみてはいかがでしょうか?
スポンサーリンク
スポンサーリンク


記事が気に入ったらフォローお願いいします

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク


Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.