女性の加齢臭はどこから?不快な臭いの原因と対策 

記事が気に入ったらフォローお願いいします

加齢臭=オヤジのイメージが強いのですが、加齢臭は男性だけの悩みではないのです。

女性からも加齢臭が出てくるのです。

女性よりも男性の加齢臭がクローズアップされるのは、男性の方が女性と比べて皮脂の分泌量が多いから。

実際には女性も加齢臭を漂わせる要因は持ち合わせているのです。
しかも厄介なのは加齢臭が漂っていることに自分自身で気が付きにくいことなんです!

自分は気が付かないのに、加齢臭を周りにまき散らすようなことはしたくありませんよね。

また加齢臭は香水やデオドランド製品を使ってもなかなかごまかせないのです。アンチエイジングのためにも女性も加齢臭対策が必要です。

加齢臭の原因と取るべき対策について紹介していきますので、気になる方は参考にしてみてくださいね。

 原因物質はノネナール

加齢臭が一躍世間で知名度を得るようになったのは、2000年に資生堂の研究所が加齢臭の原因物質、「ノネナール」を発見したことがきっかけです。

このノネナールが中高年の年齢頃から急激に増えることから、加齢臭と名付けたのです。

臭いの原因、ノネナールが発生するメカニズムとは加齢臭の原因はノネナールという成分。

加齢臭が発生するメカニズムについて詳しくみてみましょう。

私たちは汗をかくと皮脂線から汗が出てきますよね。この汗の中には脂質を含むさまざまな成分が含まれています。

この脂質が活性酸素の働きによって酸化すると過酸化脂質という物質に変化してしまうのです。

活性酸素の働きを抑える効果が弱まってくると、過酸化脂質も発生しやすくなってしまって加齢臭が起こりやすくなります。

そして同じく皮脂から分泌されるパルミトオレイン酸と過酸化脂質が結合することによって、加齢臭の原因物質であるノネナールが発生するのです。

ちなみにこのパルミトオレイン酸ですが、年齢が若いうちは分泌量が少なく年齢が上がるにつれて分泌量が増えてきてしまいます。

パルミトオレイン酸は若いときに全く分泌されないわけではありません。

何かしらの原因で若い人でも分泌量が増えることがありますので、若いからと言って加齢臭とは無縁と、安心してはいけないのです。

ポイント
皮脂から分泌されるパルミトオレイン酸と過酸化脂質が結合することによって、加齢臭の原因物質であるノネナールが発生する。

  女性ホルモンの減少が加齢臭の発生原因に!

女性の加齢臭よりも男性の加齢臭が注目されるのは皮脂の分泌量の違いです。

男性のほうが皮脂の分泌量が多く、ノネナールが発生しやすいのです。

そして女性の皮脂分泌量が少ないのは実は女性ホルモンの働きによるおかげ。

女性ホルモンの働きによって皮脂の過剰分泌が抑えられているのです。
ところが女性ホルモンが減少してくるとその影響で男性ホルモンが活発に働くようになります。

それに伴って皮脂の分泌量が増えてしまって、加齢臭が発生しやすくなるのです。女性ホルモンの分泌量が低下してくるのが一般的に35歳前後です。

加えて若い頃は体内で活性酸素が発生しても活性酸素の働きを抑える抗酸化作用が強く働いてくれています。そのおかげで加齢臭が発生しにくいのです。

女性ホルモンの分泌量低下と、年齢とともに抗酸化の働きも弱まってくるため、加齢臭が発生しやすくなってしまいます。

つまり,アラフォー世代がもっとも加齢臭の発生危険度が高いのです。

ポイント
女性ホルモンの分泌量低下と、年齢とともに抗酸化の働きも弱まってくるため、加齢臭が発生しやすくなる。



 どこから臭ってくるの?加齢臭が発生しやすい場所とは

体全体に皮脂腺がはりめぐらされていますが、主に加齢臭はどこから発生しやすいのでしょうか。発生場所を抑えておくことで、加齢臭対策に役立ちますよ。

ワキ
デリケートゾーン
耳の後ろ

頭皮
背中
胸元

これらの部分は体の中でも他の部位と比べて皮脂腺の量が多いのです。皮脂の量も増えてしまうため、加齢臭が発生しやすいと言えます。

 加齢臭の原因

加齢臭の原因であるノネナールは、酸化した脂肪とパルミトオレイン酸が結合することで発生します。

その脂肪酸がヘキサデセン酸と呼ばれる成分になります。この発生量自体を抑えると、加齢臭対策につながります。そのためには脂肪酸の摂取を控え、抗酸化作用の強いものを摂取する必要があります。

 脂肪の摂取量をセーブすること!

普段から脂肪分の多い物を食べていると皮脂からも脂肪の分泌量が増えてしまいます。

これが体臭を強くする原因にもなりますので、脂肪分はできるだけ控えましょう。

ただし脂肪分をセーブしすぎると今度は肌のかさつきなどが目立つようになります。脂肪分は肉などの動物性脂肪ではなく、オリーブオイルなどの植物性の脂肪から摂るのがおすすめです。

 抗酸化作用の高い物を食べて酸化を防ぐ

脂肪が酸化することで加齢臭の原因物質が作られます。体の酸化を抑えることができれば、脂肪酸の発生量を減らせるのです。

 部位別に適したケアが必要!外側から行う加齢臭対策

体の内側から行う対策だけでなく、外側から行うケアも併せて行うと効果的です。加齢臭が発生しやすい場所は皮脂腺の多い部分。

ここを重点的にケアすることで、加齢臭の発生を抑えられます。

中年男性の枕からは加齢臭のキツイ臭いが漂ってくることがあります。それは頭皮が他の部分と比べて汗をかきやすい場所だからです。

自分の枕の臭いをかいでみて加齢臭が漂って来たら要注意です。頭皮の加齢臭対策で気を付けるべき点についてみてみましょう。

 洗いすぎに注意

頭皮の臭いが気になるとシャンプーでしっかり洗おうと考えるでしょう。

ところがそれが逆効果になってしまうのです。
シャンプーは洗浄力がマイルドなタイプを使っても、それでも頭皮に必要な潤いまでも奪ってしまいます。

頭皮が乾燥すると、頭皮を潤わせようと皮脂分泌を活発にしてしまいます。

それが却って臭いを強くする原因を作るのです。

シャンプーは汚れ具合にもよりますが2~3日に1回で十分。

それ以外はお湯ですすぐだけにしましょう。

頭皮をしっかりと乾かすこと!
髪をお湯やシャンプーで洗った後は、しっかりとドライヤ―で乾かします。

髪の毛や頭皮が湿った状態が長く続くと、雑菌が繁殖してしまって臭いを発生させるからです。

頭皮に潤いケアを!

頭皮が乾くと皮脂の分泌が過剰になりますので頭皮の潤いケアを忘れずに。

頭皮専用のケア製品も販売されていますので、それを使って頭皮に潤いを与えましょう。
併せてマッサージをすることで頭皮の血行もアップして薄毛、抜け毛の改善にもなりますよ。



スポンサーリンク
スポンサーリンク


記事が気に入ったらフォローお願いいします

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク


Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.