新元号は令和 出典は万葉集

記事が気に入ったらフォローお願いいします

新元号は令和れいわに決まりました

さて令和という言葉があるかというと
ありません。

万葉集からとったらしいですね。
「令和」の出典、万葉集とは
2019/4/1 12:00
保存 共有 印刷 その他
▼万葉集 現存する最古の和歌集。仁徳天皇、皇后がつくったといわれる歌から淳仁天皇時代の歌(759年)まで約350年間の約4500首を収録している。漢文の詩もある。編集は大伴家持とされる。天皇や貴族に限らず、下級官人など幅広い身分の人々の作品を集めている。防人(さきもり)の歌など一般にも知られる歌が多い。

でも一般には言葉ないですね。

では分解して令と和に分けて考えます

令の意味は
いいつける。命じる。いいつけ。「令状」「命令」
②のり。きまり。おきて。「訓令」「法令」
③おさ。長官。「県令」
④よい。りっぱな。「令色」「令名」
⑤他人の親族に対する敬称。「令室」「令嬢」

で、和は

①やわらぐ。おだやか。のどか。「和気」「温和」「柔和」
②なかよくする。争いをおさめる。「和解」「和議」「平和
③合わせる。合う。ととのう。「和音」「唱和」「調和」
④あえる。まぜる。「混和」「中和」
⑤二つ以上の数を加えたもの。「総和」
⑥日本。日本語。「和服」「和文」「和洋」類倭(ワ)
⑦「大和(やまと)の国」の略。「和州」

阿部首相によると

豊かで平和な日本を目指すとのこと。

今まで中国語の古典からとってきたのが、初めて日本の古典から

取ったということに意義があるようですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


記事が気に入ったらフォローお願いいします

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク


Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.