Gメールの使い方 初心者向き

記事が気に入ったらフォローお願いいします

便利でPC携帯どちらでも使えるGメール
もうお使いの方も多いでしょう。しかし、中高年の方の中にはpcメール
又は携帯のキャリアメールしか使ってないという方も多いですね。

そこで今回は今更聞けない初心者の方のためにGメールの使い方をお教えしたいと思います。

Gメールをインストール

スマホの場合を説明しますPCの場合もほぼ同じです。まずアプリをインストール(すでに入っている場合が多いですが
もし見当たらなければ検索して
公式アプリからインストールしてください)

まずはログインします。
メールアドレスまたは電話番号」をタップして、いずれかを入力し、「次へ」をタップします。

次にパスワードを入力すればログインが完了します。
パスワードを入力しログインしてください。

メールを読む

受信トレイからメールを読むには
ログインすると、受信トレイの画面に移行します。

同一アカウントで、パソコンや他のスマホでGmailを使っていた場合は、受信したメールがトレイに一覧表示されます。

開きたいメールをタップすれば詳細の画面に移動できます。
お問い合わせは送信者が「googleフォーム」になっています。メールが届くとアプリアイコンに丸印がついて 通知してくれます。

メールを送る

メールの送信方法は?
受信メールに対して返信をしたい場合は画面右上にある「…」ボタンをタップし、「返信」を選択します。
宛先にCCなど複数のアドレスが入っている場合「全員に返信」を選べば、宛先に入っているすべてのアドレスにまとめて返信ができます。

返信ではなく、新規でメールを送りたい場合は、受信トレイの右下にあるペンのマーク又は+マークをタップすれば、メールの新規作成画面になります。

メールを転送する

Gmail で受信したメールを、他のメールアドレスに転送を行うことが可能です。

手順は次の通りです

スレッド一覧画面から転送をしたいメールを選択してメッセージ詳細を表示し、[転送→]をクリックします。

また、返信ボタンの右側の[▼]をクリックして[転送→]を選択でも可能です。

メールにラベルを付ける

ラベルを作成する
パソコンで Gmail を開きます。Gmail アプリではラベルを作成できません。
左側で、[もっと見る] をクリックします。
[新しいラベルを作成] をクリックします。
ラベル名を入力します。
[作成] をクリックします。
ラベルを編集する
パソコンで Gmail を開きます。Gmail アプリではラベルを編集できません。
ページの左側で、ラベル名の上にカーソルを合わせます。
下矢印 下矢印 をクリックします。
[編集] をクリックします。
ラベル名やネスト設定を変更します。
[保存] をクリックします。

ラベルの名前をつけたら、右上の「完了」をタップしてラベルの作成が完了です。

メールを自動的に振り分ける

便利なメールの自動振り分け設定
さきほどのラベル作成画面で、「追加」をタップします。

「From」に任意の名前やアドレスを入力すると、そのアドレスからのメールが自動的にそのラベルに振り分けられて保存されるようになります。

「条件を追加」をタップすると、更に細かく条件を追加できます。
 例えば

「To」を追加→入力した送信先メールアドレスを含むメールが、ラベルに振り分けられます
「件名」を追加→入力したキーワードを件名に含むメールが、ラベルに振り分けられます
「含む」を追加→入力したキーワードを含むメールが、ラベルに振り分けられます
「含まない」を追加→入力したキーワードを含まないメールが、すべてラベルに振り分けられます

必要な条件を入力後、「キャンセル」をタップすると元の画面に戻ります。

これで、条件に合致するメールが届いたときは、ラベルごとにメールが振り分けられるようになります。

重要なメールには「スター」をつけよう
「たくさんメールが来るので必要なメールがつい見落としてしまう」という人におすすめなのが「スター」機能。

受信トレイの各メールの右端にある「☆」のマークをタップすれば、星に黄色の色が付きます。

スター付きのメールだけを見たい時は、画面左上の三本線マークをタップします。

また、メニュー画面から「スター付き」を選ぶと、スターをチェックしたメールだけが覧表示されます。

「これは大事なメールだからあとで読もう」と思ったものをワンタップで目立つようにできるので、とても便利です。

メールが消えた?それはアーカイブ

Gmailを使っていると、指でスワイプした拍子にメールが一覧から消えてしまうことがあります。

そのとき、よく見ると消えた瞬間、画面下に「メールをアーカイブしました」というメッセージが下に表示されます。

「アーカイブ」は、消したくないデータを保存するために、専用の保存領域に移動しましたということです。

つまり、メールは消えたわけではなく、別の場所に保管されているのです。

アーカイブしたメールを見るためには、メニューから「すべてのメール」をタップして戻したいメールを選択すればアーカイブされたメールも一覧表示に復活しますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


記事が気に入ったらフォローお願いいします

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク


Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.