家族カードを作るメリット、デメリットは

記事が気に入ったらフォローお願いいします

 家族カードは家族会員カード、ファミリーカードとも呼ばれ、クレジットカード契約者である本人会員の家族に対して発行できるカードです。
収入のない専業主婦や学生では発行が難しい場合でも、契約者の信用によって追加カードとして発行できます。家族カードを作るメリット・デメリットを調べてみました。




 家族カードを作るメリット

 家族カードにも各種保険が付帯される

本人会員カードに海外旅行保険・国内旅行保険・ショッピング保険が付帯されている場合、
基本的には家族カードにも同様の補償が付帯します。
家族カードをうまく活用することで、海外付帯保険の面で有利になります。

利用明細書がまとまって家計を管理しやすい

利用代金明細書は、家族カードごとに分類されて、利用金額が記載されるので、誰がどれくらい使ったのか一目瞭然です。
複数のカードを持っていると、その月の家計簿をつける際に複数の明細を見なければなりません。

1枚のカードで家族カードを持っている状況であれば、1つの明細を見ればすべての支出が分かるので、家計を管理する方にとっては嬉しいことです。例えば、大学生の子供がさりげなく高額な買い物をしている…なんていうことも、把握できるようになります。

自分でカードを作ると別途で明細が届くので気づけないです。

ポイントやマイルが貯まりやすい

ポイントやマイルは本人会員カードと家族カード利用分の合算として集計されるので、
一枚のカードで貯めるよりも効率的に貯めることが可能です。

 家族は審査が通りやすい

家族カードは基本的に本人会員の信用情報を参考に発行されるので、本人会員の方がこれまで
支払い滞納などをしていなければ、家族は審査に通りやすいです。
カード審査に落ちてしまったことがある方でも、家族カードでは審査に通るということもあります。

また、未成年や学生の方でも18歳以上であれば申し込み可能、無職のお子さんでも家族カードなら持つことが出来る可能性が高いです。
※ANA VISA Suicaカードなど一部の提携カードは、家族カードの申し込みが出来ない場合があります。

 家族カードのデメリット

家族カードにはメリットもありますが、一方デメリットはどうでしょうか。

 利用明細がまとめられて届くため購入したものがバレる

家族カードだと家族全員の利用明細がまとめられて届くため、欲しいものを購入すると
その詳細が旦那さんにバレてしい、ストレスに感じてしまう主婦の方も多いようです。
逆に、旦那さんが奥さんの家族カードを持った場合も、仕事上のお付き合いで家族カードを切った際に、やはりその利用明細が奥さんにバレてしまうので、余計な喧嘩を招く危険があります。
ですので、夫婦で別のカードを持っておきたいと考える人も多いです。

 自身のクレヒスを育てられない

30歳未満の方はクレヒス(クレジットカード利用履歴)を育てることが大事です。
何故ならば、30歳くらいまでにクレジットカード利用履歴が無いと、「信用度がわからない」という理由で、どんなに年収があろうとも新規でクレジットカードを作りづらくなり、住宅ローンや自動車ローンの審査にも通りにくくなるためです。

もし、20歳代になっても家族カードを使っている場合は、信用度・クレヒスは育てることができませんので、将来自分のクレジットカードを持ちたいと考えている方は、早めに自分のカードを作成した方が良いです。

また、学生の方は、新社会人になった時に通常のカードを持つために、クレジットカードの支払いをきちんと行い、
クレヒスを作っていくことをおすすめします。

利用限度額が共通

家族カードが増えた枚数分だけ、利用人数が増えるということで、限度額に達する速度も速くなってしまいます。

プラチナやゴールドカードなどのステータスカードであれば限度額をそれほど
気にせずに使えると思いますが、限度額が低いカードで家族カードを作ってしまった場合、
高額の商品を家族の誰かがクレジットカードで購入すると、限度額に達してしまってカードが使えなくなってしまうかも知れません。

 新規入会ポイントが貰えない

クレジットカードの新規入会をすると数千円分のポイントがもらえますが、家族カードの入会では基本的に入会ポイントを貰えません。

  家族カードではなく新規カードを作ろう

こうして見てくると、特別な理由がない限り、家族カードを作るよりもポイント還元率が高く
て入会ポイントを多く貰えるカードを作った方がお得のようです。

家族カードは利用明細や引き落とし口座を個別に設定できないため、新規でカードを作りましょう。

 まとめ

メリットとデメリットを比べて、家族カードを作る必要もないなと感じられた方は、個々で自分専用のカードを持ってみてはいかがでしょうか。クレジットカードを新規で作る場合、安心して利用できるカードを選びましょう。
自分のカードを選ぶなら、年会費無料でポイント還元率も高くて審査にも通りやすいカードをおすすめします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


記事が気に入ったらフォローお願いいします

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク


Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.