仮想通貨でリスクヘッジ 仮想通貨について

記事が気に入ったらフォローお願いいします

タイトルがおかしい?と思われた方もあるでしょう。

なぜなら仮想通貨というのは、儲かるらしいが怪しいリスクのあるものという考え方が

一般的だろうからです。

かくいう私もご他聞に漏れず「仮想通貨って怪しい一時的なブームに違いない」

「実体経済を反映しておらず投機対象でしかない」と考えてきました。

しかしそれは間違いです。

仮想通貨が何なのか、何が出来るのか、どういったメリットがあるのかを知ると仮想通貨の未来や可能性が分かってきます。

そして、仮想通貨に対して持っていたイメージが変わります。

実は仮想通貨に対して一般の人が持っているイメージは、根拠の無い政府や銀行筋のネガティブキャンペーンによるものが大きいのです。

ここでは仮想通貨って何という基本的な事と、仮想通貨の機能やメリット将来性について考えてみたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


仮想通貨とは何か?

仮想通貨とは、わたしたちが普段使っている「円」などの紙幣や硬貨ではなく、実体が存在しないネット上で使える通貨(のようなもの)のことで、日本以外では「暗号通貨(cryptocurrency クリプトカーレンシー)」と呼ばれます。

現在最も取引量が多い仮想通貨はビットコインですが、仮想通貨は他にも「イーサリアム」「リップル」「ネム」など世界中で1000種類以上もあり、ビットコイン以外の仮想通貨を総称して「アルトコイン」と言います。

仮想通貨は電子データですが、ネット上のサービスの決済に使えるだけでなく、実際に実店舗でモノを買うことも可能です。

ただし、通貨や電子マネーに種類があり、使える場所(国)や店舗が限られることと同じように、今のところ仮想通貨も決済対応されている店舗でなければ使えません。

今後も電子マネーは増え、キャッシュレス社会は進んでいきます。今電子マネーを使っていない人も、決済環境が整えば数年後には使わざるを得なくなります。

一方、仮想通貨は電子マネーと同じ電子データですが、「円」を電子データに変えたものではありません。あくまでも仮想通貨は”仮想”通貨であって、これまでの法定通貨の条件とは異なります。

そもそも通貨とは?

仮想通貨を考える前にに私たちが普段使っている円やドルといった現実の通貨(紙幣や硬貨)について考えましょう。

例えば1万円はどうして1万円の価値があるのでしょうか?

そもそも1万円は紙ではないですか?5000円との違いは何?

この問いには紙幣や硬貨自体には価値が無く、1万円札と実体価値の1万円を交換可能としているからというのが答えになります。もし、政府が1万円札を切り下げて1万円札持ってきても銀行に8000円しか入れないと決めたら8000円の価値になります。

政府の保証が通貨の価値となります。これはFXなどの取引などでも変わりません。

ところで、こうなるとこの1万円というのが、紙幣で無くても、良いことが分かります。

例えば植木鉢1個を1万円と決めて、それを取引できることにしても良いわけです。

しかし、これには問題があり、だれでも複製できる事です.

Aさんの植木鉢とBさんの植木鉢がまったく同じであったなら、良いですがそうとは限らないということです。つまり植木鉢では通貨の代わりが出来ません。

通貨には条件があることが分かります

通貨が価値を持つ条件

通貨(法定通貨)の条件には次のようなものがあります。

条件1. 発行主体に信頼があること  (政府の信頼性)
条件2. 価値が変動すること
条件3. 総量が規制されていること
条件4. 持ち運び・交換が容易であること
条件5. 価値が年月がたっても劣化しないこと

仮想通貨には発行主体というものがありません。

ですから、その価値を保障する存在がありません。

わが国で昨年出来た仮想通貨法というものがありますが、そこでの仮想通貨の条件とは次のようになっています。

  1. 買ったり、借りたり、サービスを受けた時の決済として不特定の者に使えること
  2. 不特定の人に売買できる財産的価値であること
  3. ウォレットなどに電子的方法で記録されているもの
  4. 取引所や販売所を通じて移転することができるもの
  5. 法定通貨(円とかドルとか)建ての資産ではないこと
  6. 上記を満たすもの同士で交換することができる財産的価値

このなかで電子的方法で記録されているものという所が大切です。ここで偽造が起こってはどうしようもありません。

そこでブロックチェーンという技術が硬貨の取引を担保するものとして発明されました。

ブロックチェーンとは?

仮想通貨は全世界で1500種類以上もあると言われていますが、主に仮想通貨の信頼はブロックチェーン技術にて成り立っており、信頼を担保しています。

今回は、一番初めに作られた仮想通貨ビットコインを例に、ブロックチェーンの仕組み解説していきます。

ブロックチェーンとはみんなが見れる公開の台帳のようなものです。

例えば、AさんからBさんに1BTCが送られるまでの流れは以下の図のようになります。

まず、Aさんは「Bさんにいくらの仮想通貨を送る取引をします」という内容のデータ(送金トランザクション)をビットコインのネットワークに発信します。

ここで、まず行われるのはその送金トランザクションが本当にAさんによって作られたものなのかという確認作業です。ここには電子署名という暗号技術が用いられています。

そして、確認の行われた取引(ブロック)を集めてそれを繋いでゆくので、ブロックチェーンといわれます。このときに大事なのは、ブロックチェーンに新しいブロックを繋げるのはマイニングという作業に成功した人だけということです。

新しいブロックが繋がれるとそれ以外の人達で確認作業が行われ、また新しいブロックを繋ぐための作業が始まっていきます。

このブロックは最初の取引からずっと続いており、世界中のコンピューターが参加するネットワーク上にありますので、もし、誰かが取引を改ざんするとその後のデータとの整合性が取れなくなり、不正が分かります。

一つのブロックの正解を見つけることすら大変難しいのに連続したデーターを新たに改ざんして正解で繋げるなどという事は事実上不可能なので、取引が信頼されるわけです。

マイニングとは?

ブロックを繋げる権限を得るのに必要なマイニングは、非常に難しい計算問題を解く作業です。

マイニングの計算問題においては、当てずっぽうに好きな値をいろいろ試してある条件を満たすものを探すのが解く作業になります。

たとえて言うと2次方程式において、公式や因数分解を全く知らない場合、x(エックス)に適当な値を代入して答えを探巣しかありません。

マイニングはまさにこれと似ていて、適当に値を代入していって答えを見つけ出す作業です。

マイニングを行う人達(マイナー)はこの作業を高性能なパソコンで高速に行っていきます。

一番最初に答えを見つけた人には仮想通貨による報酬が与えられるので、マイナー達は競争するようにマイニングを行うわけです。

マイニングは多くのPCを使いフルに計算するので電気を大量に消費します。

ですから電気代の安い外国で行われている事が殆どで、日本のマイニング事業は殆ど

中国で行っています。(写真はイメージ)

答えを見つけるのは難しいけど、代入してそれがちゃんと答えになっているのか確認するのは非常に簡単なので、確認の作業は速やかに行われます。

仮想通貨の機能・なぜ仮想通貨が広まるのか?

仮想通貨には法定通貨と同じ送金、取引などの機能のほかに投機の対象となるという側面があります。

メリット

実体はありませんが、電子的に記録されることで簡単に移転することができます。
 電子マネーとの違いとして、簡単に個人間で国際送金できるという点で優れています 

今銀行間で送金すると高い手数料を取られますが、仮想通貨ですと費用がかかりません。

店での売買についてもクレジットや電子マネーなどの決済手段と違い手数料が安く済むことから、今後採用するお店が増えることが予想されます。

法定通貨とは異なり、国に管理されていないため時の権力者によって価値が左右されないということも挙げられます。利用者全員で相互に承認しあう仕組みであることから、 特定の権力者による不正も起きません 

日本円は世界でも信用度は高いですが、世界には偽装通貨が横行している国や地域もあります。偽造できないという点において、普遍的な価値を持つことは十分に考えられます。

仮想通貨には優れた機能があり、また将来性も高いと考えられます。

仮想通貨の入手方法

仮想通貨には優れた機能があり、将来性が高い事が分かりました。

ではこの仮想通貨はどのようにしたら入手できるのでしょうか?

仮想通貨には3つの入手方法があります!

【1】取引所で購入する

一番簡単なのは、ビットフライヤーやGMOコインなど、CMでもよく見かける取引所で購入するという方法です。

【2】人からもらう

意外と見落としがちなのが、人からもらうという入手方法です。友達に1BTCを◯万円で欲しい、みたいな交渉をすれば一応入手可能ですよね。しかし、証明するものが無いのでトラブルになりがちです。

【3】マイニングでリスクヘッジ!

仮想通貨・ビットコインを購入しないで入手する方法があり、これがマイニングです。

先ほど述べたようにブロックチェーンの取引で正解を一番早く見つけた人に報酬としてそのコインがもらえるシステムになっています。

仮想通貨が新規に発行されるのは、このマイニング作業を成功させたときのみです。よって、仮想通貨の新規発行という大きな役割を果たしているわけです。

これは努力で稼げるものなので、労働対価となります。現時点では仮想通貨は投機的要素が強いので、リスクヘッジになります。

マイニングの種類

ビットコインで乱高下があり、一方で億り人と言われる人も生み出しながら、大きな損をしている人もあります。

価格は需要と供給の関係で決まるとはいえ、仮想通貨の場合はその振り幅が大きいですね。

マイニングも影響を受けますが、マイニングには次の三種類があり、それぞれメリット、デメリットがあるようです。

  1. クラウドマイニング
  2. プールマイニング
  3. ソロマイニング

 クラウドマイニング

クラウドマイニングとは、マイニングをしている団体に出資して、代わりにマイニングをしてもらい、その利益を自分が受け取る形です。つまり、クラウドマイニングは、マイニング企業への投資であり、自分では実際にマイニングを行うわけではありません。

クラウドマイニングのメリット

クラウドマイニングのメリットは、なんと言ってもその手軽さにあります。

他の方法では、様々な機材を買ったりしないといけないことが普通ですが、クラウドマイニングならお金を出すだけです。

クラウドマイニングのデメリット

持ち逃げ詐欺も多い

クラウドマイニングは海外のマイニング企業又は海外で作業をしている企業に投資をするので、現場を確認すると言う事がほぼありません。実際はマイニングを全くしていないという詐欺の可能性もありますよね。

実際、クラウドマイニングを利用した詐欺が横行した時期があり、現在も資金の持ち逃げリスク、倒産のリスクなどは当然あります。

行う場合は信頼できる企業への投資が大切です。

仮想通貨の価格変動の影響を大きく受けやすい

マイニングで得られた報酬は仮想通貨によって支払われるので当然仮想通貨が暴落した場合には、利益が期待してたよりもずっと少なくなってしまう可能性があります。これは特にクラウドマイニングに顕著となります。

プールマイニング

プールマイニングとは、グループで計算力を合わせてマイニングを行っていくというマイニングのしかたです。その集団のことをマイニングプールといいます。

メリットとしては、みんなで計算力を合わせてマイニングを行い、得られたマイニング報酬を提供した計算力の割合に応じて分配するので、ほぼ期待値通りの報酬が得られるようになっています。

自分で所有している小さな計算力で計算を行っていくと、大きなマイニング報酬が得られる日もあれば、ほとんどマイニング報酬が得られない日もある、といったように、得られる報酬のバラつき(分散)が大きくなる傾向にあります。

それに比べて、マイニングプールの計算力はとてつもなく大きく、安定したマイニング報酬を得やすいため、プールマイニングでは期待値通りの報酬を得やすいことになるのです。

クラウドマイニングとは違い、自分で実際にマイニングを行っていくわけなので、当然マイニングに必要な機材を買ったり組み立てたり設定をしたり、といろいろやらないといけません。ここが面倒なところですね。

ソロマイニングとは

ソロマイニングとはその名の通り、他の人と協力せずに自分ひとりでマイニングをすることです。このソロマイニングを趣味としている人も結構多いです。

ソロマイニングのメリット

運が良ければ大きな収入を得られる!

プールマイニングとの裏返しになりますが、自分ひとりで報酬を独り占めできるわけなので、運良くマイニングに頻繁に成功する日があれば、一気に報酬が多くなったりします。

手数料を取られない

プールマイニングの場合は、マイニングプールの運営側に手数料を取られてしまいます。また、クラウドマイニングの場合もビットコインのマイニングに限り、毎日メンテナンス代を差し引かれるのが普通です。

ソロマイニングであれば、自分しか関係しないので、こういった手数料の類が一切かからないのがメリットです。

ソロマイニングのデメリット

当然、運が悪く、全然マイニング報酬が得られないという日もあります。プールマイニングと比べると日々の収入にバラツキがあるということですね。

まとめ

この中で実際にマイニングを行うとしても、自分で機材を買ってマイニングを行うことは、大多数の方にとって現実的ではありませんね。

クラウドマイニングは良さそうですが、国内でやっていれば見学にも行けますし、

また報酬は投資した人専用のウォレットわ作成しそこへ入金してくれるような企業に投資できれば安心ですね。よく注意して行動しましょう。

仮想通貨についてはまた研究して稿を改めたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


スポンサーリンク


記事が気に入ったらフォローお願いいします

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.