MLBメジャーリーグ 歴代ワールドシリーズ優勝チームと日本人選手

記事が気に入ったらフォローお願いいします

メジャーリーグはポストシーズンが始まりました。今年は日本人選手所属チームも多数進出しています。ここで過去32年間のワールドシリーズ優勝チームと活躍した日本人選手のデータをまとめてみました。(1985年ー2016年)星印が優勝チーム、日の丸マークが日本人選手です。

2017年の日程と予想はこちら



 年度 アリーグ優勝チーム 結果  ナリーグ優勝チーム
2016年 クリーブランド・インディアンス 3-4 シカゴ・カブス ★ – △川崎宗則
2015年 ★ カンザスシティ・ロイヤルズ 4-1 ニューヨーク・メッツ
2014年 青木宣親 – カンザスシティ・ロイヤルズ 3-4 サンフランシスコ・ジャイアンツ ★
2013年 上原浩治 田澤純一 – ★ ボストン・レッドソックス 4-2 セントルイス・カージナルス
2012年 デトロイト・タイガース 0-4 サンフランシスコ・ジャイアンツ ★
2011年 △上原浩治 △建山義紀 – テキサス・レンジャーズ 3-4 セントルイス・カージナルス ★
2010年 テキサス・レンジャーズ 1-4 サンフランシスコ・ジャイアンツ ★
2009年 松井秀喜(MVP) – ★ ニューヨーク・ヤンキース 4-2 フィラデルフィア・フィリーズ
2008年 岩村明憲 タンパベイ・レイズ 1-4 フィラデルフィア・フィリーズ ★ – 田口壮
2007年 松坂大輔 岡島秀樹 – ★ ボストン・レッドソックス 4-0 コロラド・ロッキーズ
2006年 デトロイト・タイガース 1-4 セントルイス・カージナルス ★ – 田口壮
2005年 井口資仁 △高津臣吾 – ★ シカゴ・ホワイトソックス 4-0 ヒューストン・アストロズ
2004年 ★ ボストン・レッドソックス 4-0 セントルイス・カージナルス – 田口壮
2003年 松井秀喜 – ニューヨーク・ヤンキース 2-4 フロリダ・マーリンズ ★
2002年 ★ アナハイム・エンゼルス 4-3 サンフランシスコ・ジャイアンツ – 新庄剛志
2001年 ニューヨーク・ヤンキース 3-4 アリゾナ・ダイヤモンドバックス ★
2000年 ★ ニューヨーク・ヤンキース 4-2 ニューヨーク・メッツ
1999年 △伊良部秀輝 – ★ ニューヨーク・ヤンキース 4-0 アトランタ・ブレーブス
1998年 △伊良部秀輝 – ★ ニューヨーク・ヤンキース 4-0 サンディエゴ・パドレス
1997年 クリーブランド・インディアンス 3-4 フロリダ・マーリンズ ★
1996年 ★ ニューヨーク・ヤンキース 4-2 アトランタ・ブレーブス
1995年 クリーブランド・インディアンス 2-4 アトランタ・ブレーブス ★
1994年 (ストライキのため中止) (ストライキのため中止)
1993年 ★ トロント・ブルージェイズ 4-2 フィラデルフィア・フィリーズ
1992年 ★ トロント・ブルージェイズ 4-2 アトランタ・ブレーブス
1991年 ★ ミネソタ・ツインズ 4-3 アトランタ・ブレーブス
1990年 オークランド・アスレチックス 0-4 シンシナティ・レッズ ★
1989年 ★ オークランド・アスレチックス 4-0 セントルイス・カージナルス
1988年 オークランド・アスレチックス 1-4 ロサンゼルス・ドジャース ★
1987年 ★ ミネソタ・ツインズ 4-3 セントルイス・カージナルス
1986年 ボストン・レッドソックス 3-4 ニューヨーク・メッツ ★
1985年 ★ カンザスシティ・ロイヤルズ 4-3 セントルイス・カージナルス

  チーム別優勝回数と傾向

1994年はストライキで中止のため全部で31回。アメリカンリーグが17回、ナショナルリーグが14回とアリーグがリードしています。優勝回数はヤンキースが5回、レッドソックス、ジャイアンツが各3回。

2回優勝したのはアリーグがロイヤルズ、ツインズ、ブルージェイズ。ナリーグがマーリンズ、カージナルスです。今年ポストシーズンに進出したチームのうち、この32年間に優勝したことのないのは、アストロズ、インディアンス、ナショナルズです。

 チャンピオンリングを獲得した日本人は

ワールドシリーズを制してチャンピオンリングを獲得した日本人も結構います。

川崎(カブス)、上原、田澤(レッドソックス)、田口(フィリーズ、カージナルス)、井口(ホワイトソックス)、松坂、岡島(レッドソックス)、松井(ヤンキース)の7人です。Wソックスの高津は出場していないので入れていません。

松井はMVPにも選ばれましたね。3080安打も打って殿堂入り確実のイチロー選手は出場すらしていません。実力だけでなく運も必要ですね。

 まとめ

今年のポストシーズンには田中(ヤンキース)、前田、ダルビッシュ(ドジャース)、上原(カブス)の4人が進出しています。果たして活躍してワールドシリーズ優勝の栄冠を手にする選手は現れるのか。またMVPはだれがとるのか興味は尽きません。

今年のワールドシリーズ日程と予想はこちら

アストロズ ドジャース ワールドシリーズ対決 結果予想 

スポンサーリンク
スポンサーリンク


記事が気に入ったらフォローお願いいします

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク


Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.