50代の独身女性が結婚するには

記事が気に入ったらフォローお願いいします

 結婚出来ない50代独身女性のを取り巻く環境

「美魔女」や「熟女」という言葉が普通となり、50代の女性もモテる時代になりましたね。

女性たちがその気になれば、50代でもいつでも恋や結婚ができると思えるような風潮がありますが、現実はそんなに甘くありません

まず、50代の女性の独身率は20%もあります。しかし、国勢調査によると、45歳から49歳の女性が5年以内に結婚出来る確率は「1.3%」と限りなくゼロに近い、非常に低い確率なんです。つまり、50代の独身女性が結婚できる確率は非常に低いと言わざるを得ません。

 50代独身女性が結婚出来ないのはなぜ?

では、なぜ50代の女性の結婚出来る確率が低いのでしょうか。

それは、簡単に言えば未婚の男性が50代の女性を選ばないという事ですね。

そもそも未婚男性には、相手を自分の想い通りにしたいという「支配欲求」と、相手を守ってあげたいという「養護欲求」があります。

この二つの欲求を男性は先天的にもっていますので、これらの欲求を満たしたいと本能的に考え行動します。50代の女性では、これらの欲求を満たすことが難しいですよね。

これが50代女性の結婚を困難にしている大きな原因の一つです。

 50代の結婚出来ない独身女性は同年代でも厳しい

男性には「支配欲求」と「養護欲求」という2つの欲求が存在するんですが、男性にとって守りたくなるような女性は「俺がいないとこいつはダメだ」と感じさせる女性です。入社したての女性がモテるのは、仕事で失敗が多かったり、仕事に慣れていないのが強く、影響しています。

仕事で中心的な立場で場を仕切る50代の女性ですと、バリバリと仕事をこなすため、男性が「俺が守ってやる」という気持ちになりませんね。

それに加え、バリバリと仕事をこなし、人生の酸いも甘いも経験した姉御肌の女性を思い通りにコントロールできる男性はなかなかいませんので、支配欲求も満たすことが出来ません。

やがて男性から「この女性は一人で大丈夫」と思われてしまい、離れていきます。

 50代の結婚出来ない独身女性は手に負えない

50代の独身女性のもう一つの特徴は「貫禄」があることです。もちろん出産などの年齢的なことも影響していますが、年齢と共に身に付いた「貫禄」が結婚の邪魔をしています。独り身が長い女性は一人で生きていく力や術を身に着けていますので、上述した男性の「支配欲求」と「養護欲求」を満たすことが出来ず、「この女性は一人で大丈夫」だと思われてしまうのが結婚できない最大の原因だと思われます。

「完璧」過ぎずに、男性に頼ることも重要であり、男性の「支配欲求」と「養護欲求」をくすぐり、「こいつは俺がいないとダメだ」と思わすことが出来れば、結婚への道は開けるではないでしょうか?

結婚とはお互いの求めているものを満たしあうことですから。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


スポンサーリンク


記事が気に入ったらフォローお願いいします

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク


Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.