京都の紅葉 2017 見頃はいつ? 

記事が気に入ったらフォローお願いいします

例年京都の紅葉(かえで)は、高雄、大原、貴船などの山間部は11月中旬、嵐山、東山、洛北は11月下旬に見頃を迎えます。またインスタ映えするライトアップの期間も知りたいですね。

今年は気候の影響や地域別で見頃はどうなるか、あと気を付けたいポイントも調べてみました。



 気候によって見頃は違う

・色づきの早い年と遅い年とでは、2週間前後、見頃の時期がズレます。
たとえば、嵐山地区で、早い年は11月15日頃に見頃のピークとなりますが、遅い年は12月初めにピークとなります。

・色づきが始まってからの気温や雨、強風により、比較的長く(10日以上)見頃が続く年と、桜並の短い(5日程度)見頃となる年もあります。

また、11月の気温が高くなると、色づきが悪く、赤くならない年もあります。

<2017年の状況は>
9月の気温は、平年より0.4℃低くなりました。

<最新情報>
10月初めの気温は、ほぼ平年並です。

<今後の予想>
9月11日に気象庁が発表したエルニーニョ監視速報によると、現在はエルニーニョ現象も、ラニーニャ現象も発生していない、平常の状態。

今後の見通しについては、冬にかけて、平常の状態が続く可能性が高い(60%)と判断しました。

このため、秋の気温は平年並となる予想。
京都の紅葉時期も、平年並となる予想です。
嵐山、東山、洛北の紅葉ピークは、11月20日前後(11月15日~11月25日)を予想しています。

なお、平常が続く確率は60%ですが、残りの40%はラニーニャ現象が発生する確率となっています。
ラニーニャ現象が発生すると、寒い冬になる可能性が高くなり、晩秋(11月)の気温が低くなることも。

この場合、紅葉の時期は、平年より早くなります。また、色づきは非常に良い年になります。

それでは地域別にみてゆきましょう。

 高雄・大原・貴船の紅葉情報

<主な名所>
■神護寺…*神護寺のライトアップは11月5日~11月19日(17時~19時)まで。
*昨年2016年の見頃は、11月8日頃~11月23日頃。見頃のピークは11月12日~11月18日でした
*神護寺への行き方…京都駅からJRバス高雄・京北線に乗車、山城高雄で下車。バスで約40分以上掛かります

  嵐山・嵯峨野の紅葉情報

<主な名所>
■嵐山*昨年2016年は11月16日頃から見頃となり、11月22日まで見頃が続きました。22日と23日の強風で落葉が進み、時期終了となりました。*2016年の天龍寺は11月10日頃から見頃となり、11月23日頃まで見頃が続きました。

■祇王寺*昨年2016年は11月5日頃から色づき始め、11月19日に見頃のピークとなり、11月22日頃まで見頃のピークが続きました。
11月22日と23日の強風で落葉が進み、11月24日に見頃終わりとなりました。色づきは平年より良くない状況でした。*真っ赤になる前に散ることが多い名所です。見頃になるとともに落葉が始まり、見頃の期間が短い名所です。

■常寂光寺

*昨年2016年は、11月16日に見頃を迎え、11月19日に見頃のピークとなりました。11月23日までピークが続き、11月27日の雨で見頃終わりとなりました。紅葉の時期や色づきは平年並でした。

■宝厳院

*昨年2016年は、11月19日に見頃となり、11月23日頃に見頃のピークを迎え、11月27日頃までピークが続き、12月4日頃まで見頃が続きました。紅葉の時期や色づきは平年並でした。

<主な名所>
■東福寺*昨年2016年は11月12日頃から見頃となり、11月15日から見頃のピークを迎えました。見頃のピークは11月22日頃まで続き、11月22日と23日の強風で一気に落葉が進み、24日に見頃終わりとなりました。見頃の時期、色づきは平年並でした。

■永観堂*昨年2016年は11月12日頃から見頃となり、11月14日に見頃のピークを迎え、見頃のピークは11月22日頃まで続きました。11月22日と23日の強風で落葉が進み、見頃終わりとなりました。見頃の時期、色づきは平年並でした。

*2016年の大徳寺高桐院は、11月17日から11月25日頃まで見頃を続きました。ピークは11月19日でした
*2016年の源光庵も、11月17日から11月25日頃まで見頃。11月19日が見頃のピークでした。<主な名所>
■圓光寺*昨年2016年は、11月11日頃から見頃となり、11月14日に見頃のピークを迎えました、ピークは11月22日頃まで続き、11月22日と23日の強風で、11月24日に見頃終わりとなりました。

■蓮華寺*山門付近と庭園とでは、例年、見頃の時期が異なります。山門付近は早く、庭園は洛北でもっとも遅いことで有名です。紅葉状況は、庭園のほうです。*昨年2016年は11月16日頃に見頃となり、11月19日、見頃のピークを迎え、11月25日頃までピークが続きました。その後、11月27日の雨で落葉が進み、11月29日頃に時期終了となりました。





<主な名所>
■光明寺*昨年2016年は、11月19日頃に見頃を迎え、11月23日頃から見頃のピークとなりました。
ピークは12月5日頃まで続き、見頃は12月10日頃まで続きました

 電車と徒歩で行きましょう

・紅葉シーズンは、京都がもっとも混雑する時期です。
名所周辺では渋滞がひどく、車での移動(バスを含む)は、時間が読めません。
「電車」と「徒歩」による移動が大切です。

バスは便利な交通ですが、紅葉時期、桜のピーク時、京都三大祭などの大きな祭りが行われる日は、通勤ラッシュ以上の混雑となり、さらに渋滞のため遅延も発生し、「使えない」交通機関になります。

特に「帰りのバス」の混雑がすごく、停留所から乗れないこともしばしばあります。
タクシーもつかまらず、結局、近くの駅まで歩くことになったという例が多いのです。
そのため、電車で近くまで行くことができる名所は、「電車と徒歩」での移動をお推めします。

 トイレはできるところで済ませておこう

・各名所にトイレはありますが、この時期は人が多いため、トイレの前に長い行列ができます。
とくにツアーバスが横付けできる名所は、女子トイレに長い行列が出来、30分待ちになるところも発生します。
駅周辺でトイレを済ませたあと、名所に向かうことをお推めします。
なお、トイレは駅・改札口の中にあることが多いため、改札口を出る前にトイレへ行っておきましょう。

 撮影には注意を

・カメラでの撮影を禁止している名所も多数あります。
庭園はOKだが、室内はダメとか、逆に、建物はOKだが、庭園のほうはダメとか。
もちろん、両方ともダメという名所もあります。
また、撮影はOKだが、フラッシュは禁止という名所も注意です。

各名所の入り口に、その趣旨(注意)を掲載していますが、多すぎる人に流されて見落とすこともあります。なお、三脚については、禁止している名所が多数です。

三脚は使えないと考えてください。

以上見頃は人が集中します。マナーを守って空いている時間帯に行動して

スムーズで楽しい紅葉狩りにしてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


記事が気に入ったらフォローお願いいします

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク


Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.