ボジョレーヌーボーの種類やスパークリングについて

記事が気に入ったらフォローお願いいします

 ボジョレーヌーボーの種類

毎年、11月の第3木曜日の午前0時に解禁になるボジョレーヌーボー。
2017年の解禁日は、11月16日(木)です。常々疑問に思っていることがありました。

それは、ボジョレーヌーボーと一口で言っても、ラベルも違えば値段も異なるボジョレーヌーボーが売られていますが、種類はどうなっているのか、シャンパンが好きなのですが、ボジョレーヌーボーにスパークリングはないのかという事です。まとめてみますのでご覧ください。



 ボジョレーヌーボーとは

そもそもボジョレーヌーボーとは何でしょうか?定義によるとフランス南東部・ブルゴーニュ地方のボジョレー地域で造られるワインの1つ。ボージョレ・ヌーボーとも表記される。その年に収穫されたガメイ種のブドウを年内に仕込みワインにしたものとなっています。

 生産地の違い

この地域の違いで種類ができるようです。

この中の「ボジョレー地域」の部分をどれくらい広げるか・狭めるかで、ボジョレーヌーボーは4段階に分けられています。

地方名:ボジョレー(Beaujolais)
地区名:ボジョレー・シュペリュール(Beaujolais Superieur)
村名:ボジョレー・ヴィラージュ(Beaujolais villages)
畑名:クリュ・ボジョレー(Cru Beaujolais)

土地の広さで言うと、上から順に狭くなっていきますよね。そして、その分ワインの希少性が高まり、また、アルコール度数やブドウの収穫量などの規定も厳しく管理されていきます。限定的になるほど希少性が高まるわけです。一般的には39の村からなるボジョレー・ヴィラージュ産のものをいう事が多いようです。

 取次業者・販売業者の違い

上記のように、純粋な生産地の違いに加えて、どんな取次御者・販売者が間に入っているかによっても種類が変わってきます。

日本までの輸送コストや契約本数、中間業者の数などで、同じ品質のものでも値段が異なるわけです。

この地域差で値段が決まりますので、商品にも種類ができるというわけです。

今年は、購入時にボジョレーヌーボーのラベルをよくチェックしてみてください。種類の異なるボジョレーヌーボーを購入して、味を飲み比べてみるのも良いかもしれませんね。

最近では、イオンなど、日本の大手流通各社が直接生産者と契約しているケースも多いので、そういったボジョレーヌーボーは比較的リーズナブルな傾向があります。

 ボジョレーヌーボーに白はある?

ボジョレーヌーボーと言うと赤ワインしか目にしませんが、白はないのでしょうか?

結論から言うと、ボジョレーヌーボーに白はありません!

先ほどのボジョレーヌーボーの定義をご覧ください。

その年に収穫されたガメイ種のブドウを年内に仕込みワインにしたものとなっています。

白ワインはシャルドネ種のぶどうから作りますので、ボジョレーヌーボーには白ワインは存在しないわけです。

ただし、ヌーボーのつかないボジョレーであれば白ワインは存在します!

マコネ地区で収穫されるシャルドネ種から造られる白ワインの新酒マコン・ヴィラージュ・ヌーヴォというものがあります。「ボジョレーの白ワイン」自体は存在するわけです。

 ボジョレーヌーボーのスパークリングは?

ではボジョレーヌーボーに、赤のスパークリングはないのでしょうか?

私もスパークリングワインが好きなので、あれば是非飲んでみたいと思います。

こちらも結論から言うと、ボジョレーヌーボーのスパークリングはありません。

認定がないのですね。

ただし、そ年に収穫されたボジョレー地区のぶどうを使った赤のスパークリングワインは存在します。

まあ、実質的にはボジョレーヌーボーのスパークリングと言っても良いものです。表記上、ラベルに「ボジョレーヌーボー」とは書けないだけですね。

 まとめ

ボジョレーヌーボーにも、色々な種類があることが分かったと思います。

白ワインやスパークリングタイプは「ボジョレーヌーボー」とは呼べないですが、

ボジョレー地区の白ワイン、ボジョレー地区のスパークリングワインの「新作」として

パーティーなどで用意すると珍しさから盛り上がるでしょうね。

一度試してみようと思います。是非今年も、ボジョレーで楽しい時間をお過ごしください。

こちらの記事もお読みください。

ボジョレーヌーボーはおいしい?

ボジョレー・ヌーボー 2017 おすすめ 値段別

スポンサーリンク
スポンサーリンク


記事が気に入ったらフォローお願いいします

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク


Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.