観測史上最大の巨大地震 ベスト5

記事が気に入ったらフォローお願いいします

いつか来ると言われる大地震。どれほどの規模か、不安です。そこで、これまでに観測された最も規模の大きい地震をご紹介します。南海トラフ地震の準備としてこれ以上は、まず無いと考えられる大地震を知っていきましょう。ただし、地震計が発展し、普及・拡大した1900年代以降の記録が中心になります。
また地震の規模を示す単位のマグニチュードをMで表しています。



 1位 チリ地震 (1960年) M9.5

 観測史上最大の地震と言われているのが、チリ南部のバルディビアで1960年5月22日に起きたチリ地震です。

震源はチリ沿岸部の太平洋で、地震の規模はM9.5。地震による揺れだけで少なくとも数千以上の建物が崩壊し、津波の影響も含めると、チリ国内では200万人近くが住む家を失ったとされています。

地震による犠牲者の多くは、津波によるものでした。地震発生後に高さ10m以上の波が海岸部を襲い、建物を押し流し、多くの人を溺れさせたのです。

正確な統計は無いものの、死亡者数は2231~6000人程とされ、これほど大きな地震であったのにも関わらず、被害は比較的少なくなっています。これは人口が集中していない地域であったこと、前震が本震より1日前にあったこと、そして日中に起こったため逃げ出すことが出来たためとされています

被害額は、現在の貨幣価値で3000億~6000億円と見積もられています。

 津波による被害

地震により発生した津波は、チリ国内だけでなく震源から数万km離れた地域でも多くの被害をもたらしました。津波の速度は平均時速750kmに達し、地震から15時間後にはハワイの沿岸部に到着。最大10.5mの高さを記録し、61名の命を奪いました。

それから7時間後には日本を襲い、最大高さ6.1mの津波を記録。東北地方を中心に142名が死亡、1600戸が倒壊しました。その2時間後には震源から約1万7千km離れたフィリピンでも津波を観測し、32人の犠牲者が出ています。

 2位 アラスカ地震(1964年) M9.2

1964年の3月28日に、アラスカ州で発生した超巨大地震です。
震源はアラスカ州南部のプリンス・ウィリアム湾で、強い揺れは約4分半続き、地すべりや崩落により多くの被害を与えました。被害額は現在の貨幣価値にするとおよそ2300億円と推計されています。

地震による死亡者は131人で、そのうち津波が119人、9人が揺れによる建物の倒壊などで亡くなっています。

震源地から近いシュープ湾では、高さ67mの津波を観測。また、チェネガ村では住民76人のうち25人が溺死し、海抜30mにある校舎以外の建物全てが津波により倒壊しました。

 3位 スマトラ島沖地震(2004年)M9.1~9.3

インドネシア・スマトラ島北西のインド洋で、2004年12月26日に起きたM9.1~9.3の地震です。「世界最悪の人災による悲劇」とも言われ、14ヶ国に渡って23万~28万人が命を落としたとされています。

最も被害が多かったのはインドネシアで約22万人、次いでスリランカの3万5千人、インドの1万2千人、タイの5千人となっています。

特にスマトラ島・バンダ・アチェでの被害が大きく、建物が壊滅し、人口約20万のうち16万人もの人が亡くなっています。

犠牲者の多くは津波で亡くなっており、最大で高さ30m、平均でも10m以上の波がインド洋沿岸地域に押し寄せました。

その津波の威力は広島型原爆2万3千個分とされ、震源地から5000㎞以上離れた東アフリカのソマリアにまで到達しました。ソマリアでも5~9mの津波が沿岸部を襲い、300人近くの犠牲者が出ています。

 4位 東日本大震災、2011年 M9.1

日本において観測史上最大規模の地震となったのが、2011年3月11日に発生した東日本大震災です。震源地は仙台市から東方に70㎞離れた場所であり、その地震のゆれによって本州が東に2.4mほど移動し、地球の自転軸が25cm傾きました。

また地震は大津波を引き起こし、宮古市で最大高さ40.5mの津波を観測するほどでした。仙台市では、津波が10㎞先の内陸部まで押し寄せています。

犠牲者は15,894名に上り、約13万戸の建物が全壊、27万戸が半壊、被害を受けた建物は100万戸以上に上っています。

 5位 カムチャツカ地震(1952年) M9.0

1952年11月4日、カムチャッカ半島沖で起きたM9.0の巨大地震です。震源地はカムチャッカ半島の海岸から130㎞離れており、その揺れで最大18mの津波を引き起こしました。

 最も被害を受けたのは、千島列島北部にある人口約6千人のセベロクリリスクでした。町の人口の1/3以上(2336人)が、津波で亡くなったのです。

津波は日本にも届き、高さ8.5mを記録しています。また1万5千㎞以上離れたチリでもこの地震による津波を観測しています。

 まとめ

以上市場に残る大地震を見てきましたがいずれも共通するのは海底地震である事。津波の被害が大きい事に共通点があります。日本でも予想される南海トラフ大地震は海洋地震です。

今から良く歴史を知って万全の備えをしたいものです。

災害関連の記事はこちらもどうぞ

南海トラフの間隔 地震の起こるメカニズム

新燃岳 火山灰は九州だけでなく高知にも到達か

スポンサーリンク
スポンサーリンク


スポンサーリンク


記事が気に入ったらフォローお願いいします

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク


Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.