皇室の彩展 みどころ 東京藝術大学創立130周年記念特別展

記事が気に入ったらフォローお願いいします

東京藝術大学美術館で「皇室の彩展 百年前の文化プロジェクト」が開催されています。

大正から昭和最初期の頃に、当代選りすぐりの美術工芸家たちが技術の粋を尽くして、皇室の方々の御成婚や御即位などの御祝いのために献上品を制作しました。

国家規模の文化プロジェクトもありましたが、今日ではそれを知る者がほとんどいなくなっています。いったん献上されると、限られた人以外、一般の人々の目に触れる機会がないからでした。

この時代の美の最高峰として制作された、宮内庁に現存する献上品の数々が、その制作にまつわる作品や資料と共に公開されており、当時の技術の素晴らしさを実感できる大変貴重な機会になっています。

 会期・開館時間・休館日など

会期:2017年10月28日(土)-11月26日(日)
午前9時 30分- 午後5時(入館は午後4時30分まで)
※会期中の金・土曜日は午後 8 時まで開館(入館は午後 7 時 30 分まで)

休館日:月曜日

会場:東京藝術大学大学美術館 展示室1、2

観覧料:一般1300円(1100円)、高・大学生800円(600円)、中学生以下は無料
* ( )は前売券及び20名以上の団体料金
* 団体観覧者20名につき1名の引率者は無料
* 障がい者手帳をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料

 みどころ

当代最高の芸術家、技能者による作品は、大正期にも多数制作され、特に東京美術学校(現、東京藝術大学。以下美術学校)5代校長・正木直彦(1862 ~ 1940)の指揮下で全国の各分野を代表する作家も含めて政策されました。

そのなかからいくつかみどころになる作品をご紹介します。

御飾棚  鳳凰菊文様蒔絵(昭和天皇へ献上) 昭和3年 宮内庁三の丸尚蔵館蔵

御飾棚 展覧会の目玉は何と言っても、献上後はじめて皇居外での公開となる 御飾棚です。

皇太子 (当時:昭和天皇) ご夫妻のご成婚を祝して、時の文武官 (内閣総理大臣以下、官吏) 一同から送られたものだそうです。

 《瑞彩》のうち吉川霊華《梅薫る夕》大正13年 宮内庁三の丸尚蔵館蔵

 吉川 霊華(きっかわ れいか、明治8年 – 昭和4年)は、明治大正時代の日本画家です。
大和絵を基本にしつつ広く東洋の古典芸術に学び、線描、特に流れるような美しい細線を生かした清雅な絵画表現で、「描く」から「塗る」へ重心が移っていく近代日本画壇に独自の存在感を示しました。

《瑞彩》のうち上村松園《雛祭》大正13年 宮内庁三の丸尚蔵館蔵

上村 松園(うえむら しょうえん、1875年 – 1949年)は、日本画家。

明治の京都下京に生まれ育ち、女性の目を通して「美人画」を描いた。1948年(昭和23年)女性として初めて文化勲章を受章。子の上村松篁、孫の上村淳之と三代続く日本画家である。

六角紫水《瑞鳥霊獣文様蒔絵手箱》昭和3年 宮内庁三の丸尚蔵館蔵

六角 紫水(ろっかく しすい、1867年 – 1950年)日本の漆工芸界の草分け。11回帝展に出品した「暁天吼号之図漆器」が帝国美術院賞を受賞しました。
中尊寺金色堂や厳島神社社殿の修復、古社寺文化財の調査、白漆の発明など、日本の漆工芸界の草分けとして大きな功績を残しています。

高村光雲《松樹鷹置物》大正13年 宮内庁三の丸尚蔵館蔵

高村 光雲(たかむら こううん、1852年 – 1934年は、日本の仏師、彫刻家。積極的に西洋美術を学び、衰退しかけていた木彫を写実主義を取り入れることで復活させ、江戸時代までの木彫技術の伝統を近代につなげる重要な役割を果たした。高村光太郎は長男。

 まとめ

今では再現することの出来ない芸術性の高いまた技巧の極みの作品が、公開されています。

皇室に献上されるにふさわしい香気溢れる作品と対話して先人の努力をしのんでみてはいかがでしょうか。

こちらの記事もお読みください。

没後40年 熊谷守一 生きるよろこび展 みどころ 図録 展覧会グッズも

スポンサーリンク
スポンサーリンク


スポンサーリンク


記事が気に入ったらフォローお願いいします

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク


Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.