小林麻央さん 一周忌 実は90%以上の確率で生存できていた

記事が気に入ったらフォローお願いいします

タレントで市川海老蔵の妻であった小林麻央さんの一周忌が6月22日にありました。

34歳というあまりに早すぎる死が大きな話題となりましたが、

その死因について未だにネットでは疑問の声が途絶えません。

少しご紹介し、同じ世代の若い女性への参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク


病状の経過

①2014年2月

胸にしこりが見つかる
虎ノ門は白黒はっきりしないので3ヵ月後にまた来てください、と言ったが
実際に麻央さんが受信したのは8ヵ月後 の2014年10月であった。

この時の5か月が悔やまれます⇒第一のチャンス

2014年10月

虎ノ門病院の診断で、生検 →癌だと分かる。

しかし、なぜかこの段階では治療せず

この段階で治療に取りかかれば5年生存率は90%超。虎ノ門は標準治療を勧める
→麻央さん側は首を縦に振らなかった

(空白の1年4ヵ月 …気功などの民間療法で治療していた期間)

この時の1年4か月が決定的なミス⇒第二のチャンスを逃してしまう

・2016年2月

聖路加病院に移る
聖路加病院「気功療法というか、全く療法にならないことを続けたせいで、瀕死の状態でした。
リンパ腺が瘤のように腫れあがっていたのです」

それでも手術には至らず
聖路加病院「医師と夫婦側のコミュニケーションが不調で手術にまで至らなかった」

第三のチャンス⇒この時手術に至っていたらまた結果は違ったろう

2016年6月9日

スポーツ報知が小林麻央の癌をスクープ、これを受けて海老蔵が会見、癌だと告白

スポンサーリンク
スポンサーリンク


スポンサーリンク


記事が気に入ったらフォローお願いいします

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.