大谷翔平が日本球界に残した7つの伝説的大記録を確認する

記事が気に入ったらフォローお願いいします

11日メジャー挑戦を会見した大谷祥平選手。

記者会見内で「世界で一番の選手になりたい」と語ったのが印象的でした。

投打の“二刀流”でプレーをし、記録のみならず、プロ野球を盛り上げた「日本球界の宝」でしたね。

大谷選手の残した伝説的な7つの記録をあらためて振り返ってみたいと思います。




 1. 高卒3年目で年俸1億円の大台到達

2014年に大谷選手は、年俸3000万円から7000万円増の1億円でサイン。

高卒3年目での1億円の大台到達は西武時代の松坂大輔投手以来、プロ野球史上2人目でした。

また、翌年は1億アップの2億円で更改。

2007年の日本ハム・ダルビッシュに並ぶプロ野球史上最速タイに、並びました。

 2.投手として通算本塁打48本

大谷選手の日本プロ野球の通算本塁打は48本。

投手としての本塁打記録は金田正一さんの38本だったが、大きく越し、歴代一位になりました。

 3.史上初の10勝100安打20本塁打を達成

2016年には日本プロ野球史上初となる「10勝100安打20本塁打」を達成。

解説者などから批判もあった二刀流を見事成就させました。

これはメジャーリーグにも無い大記録です。

 4.NPB所属なのに、MLB「最も興味深い50人」に選出される

2016年と2017年の2年連続で、ニューヨーク・ポストの「MLBで今年最も興味深い50人」に選出されました。

日本球界(NPB)でプレーしているにも関わらず、MLB注目の人物として選出されるのは極めて異例のことでした。

11月11日午前11時に会見を開いた大谷翔平選手

 5. ベストナインで史上初の投打でW受賞

2016年のプロ野球ベストナイン。大谷選手は「投手」と「ベストDH」で史上初の“W受賞”を達成しました。

つまり投手と打者でベスト9に選ばれたわけですが、これは本当にすごいことです。

どちらか専門にやっても、なかなか難しいのにそれを一人で同時にやるというのはもう、漫画の世界の事としか思わなかったですね。

当然同年の最優秀選手(MVP)と日本プロスポーツ大賞も受賞しています。

 6. 松井秀喜に続く2人目の「東京ドームに消えた打球」

2016年11月13日の日本代表「侍ジャパン」とオランダとの強化試合。7回、代打大谷の高く上がった打球は東京ドームの天井に吸い込まれて、消えました。

ドームの特別規定で二塁打になりましたが、同様の現象を2002年に当時、巨人の松井秀喜選手が起こしており、史上2人目の珍事でした。

対戦していたメジャーリーガー達が目を丸くして口をアングリと開けていたのが印象的でそれぐらい、物凄いパワーでした。

ボールはその後、無事見つかりました。(笑い)

 7. 日本最速の165キロをマーク

2016年10月16日の福岡ソフトバンクホークスクライマックスシリーズ第5戦。9回にDH解除をしてリリーフ登板した大谷は、日本球界最速となる165キロをマークしました

2017年11月11日午前11時、大谷選手は正式にメジャー挑戦を表明。大谷の背番号は「11」だ。“1並び”になったが、会見内で偶然であることを明かしている。

これほどの、結果を残した大谷選手ですが、何と言っても投打の二刀流で、結果を残しているのが、凄いところです。

これらの記録は二度とできない事で、彼のプレーが日本で見ることはできないのが残念ですが、メジャーリーグに行っても史上に残るプレーをして「世界一の選手」になってもらいたいと思います。




こちらの記事もお読みください。

大谷 メジャー代理人はネズ・バレロ 移籍予想はダイヤモンドバックス?

スポンサーリンク
スポンサーリンク


スポンサーリンク


記事が気に入ったらフォローお願いいします

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク


Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.