メジャーリーグ2017 MVPと新人王決まる 監督賞はトレイ・ロブロ

記事が気に入ったらフォローお願いいします

今年もメジャーリーグの表彰選手が決まりました。

今年はナリーグから久しぶりに優勝チーム以外からMVPが出ました。

また新人王以外の賞はいずれも僅差で決まりました。

新人王・MVP・サイヤング賞・監督賞の

順番に見てゆきましょう。監督賞には日本に関係のある方も選ばれています。

スポンサーリンク

 新人王2017は

新人王は両リーグともに満票で決まりました。

ア・リーグ 新人王  アーロン・ジャッジ(ニューヨーク・ヤンキース)

新人記録の52本塁打を放った驚異の新人。

202cmの長身を生かして、ホームラン性の打球を何度もキャッチした外野守備には驚かされました。

MVPとの同時受賞はならなかったけれど、彼の活躍が無ければヤンキースのポストシーズン進出はありませんでした。

ナ・リーグ 新人王  コーディー・ベリンジャー(ドジャース)

ジャッジには及びませんが、ナリーグ新人記録の39本塁打97打点を記録。

長打力の乏しい打線の中で存在感を深くしていました。

 MVP 2017

アリーグMVP  ホセ・アルチューベ (アストロズ)

アルテューベは27歳の右打ち内野手。

公称167センチと小柄ながら打率.346で2年連続の首位打者を獲得し、204安打もリーグ最多でした。

あのイチロー以来となる4年連続200安打を達成し、本塁打も24本はキャリア最多タイで、打点も81をマーク。

ポストシーズンでも18試合で打率.310、7本塁打と打線を牽引し、チームを創設初のワールドチャンピオンへ導く立役者となりました。

MVP投票では、実に30人中27人から1位票を集め、合計405票を集め、2位に126ポイント差をつける文句なしの受賞となりました。

身長167cmとMLBでも最も小柄な選手のMVP。

彼のすぐれている点はここにも現われています。将来の殿堂入りも期待されます。

ナ・リーグ MVP ジャンカルロスタントン(マーリンズ)

一方のナ・リーグは大混戦。なんと2ポイント差という僅差で、マーリンズのスタントンが制した。スタントンも初受賞で、マーリンズからのMVP選出も初。

優勝チームに傑出して活躍した選手がいなかった関係で、混戦になった模様。

スタントンは28歳の右打ち外野手。メジャー屈指のパワーで本塁打を量産し、今季は両リーグトップの59本塁打を記録。

132打点もリーグトップで二冠を達成。苦しいチームの中で孤軍奮闘しました。

獲得ポイントは302で、2位のジョーイ・ボット(レッズ)とはわずか2ポイント差でした。

スポンサーリンク

 サイヤング賞 2017

ア・リーグ サイヤング賞  コーリー・クルーバー(インディアンス)

クルーバーは2回目シャーザーは3回目の受賞です。

コーリー・クルーバーは今季29試合、203.2イニングを投げ、18勝4敗、2.25ERA。奪三振は202個を数えました。

勝ち星はア・リーグ1位タイ、ERAは1位、奪三振は2位。WHIP0.87はア・リーグ1位です。コーリー・クルーバーは1度目の投票で28票を集める圧倒的な評価でした。

ナ・リーグ サイヤング賞 マックス・シャーザー(ナショナルズ)

マックス・シャーザーは今季31試合に登板、200.2イニングを投げ、16勝6敗、2.51ERA、奪三振268。WHIPは0.90。奪三振とWHIPはナ・リーグ1位、勝ち星はナ・リーグ4位。

シャーザーも1度めの投票で30票中、27票を集めましたので、圧倒的でした。

 監督賞 2017

ア・リーグ 監督賞      ポール・モリター(ツインズ)

モリター監督は、現役時代に通算3,319安打を放って2004年に殿堂入りした、大選手。

1989年にボルティモア・オリオールズを率いたフランク・ロビンソン氏に次いで、最優秀監督賞を獲得した史上2人目の殿堂入り選手となった。

昨季は59勝103敗だったツインズを、今季は85勝77敗まで引き上げ、2010年以来となるプレーオフ進出を果たしている。プラス26勝はすごいですね。

ナ・リーグ監督賞       トレイ・ロブロ (ダイヤモンドバックス)

現役時代はメジャー8年間で通算303試合に出場したのみに終わったロブロ監督。

2000年に在籍した日本プロ野球のヤクルトスワローズでも29試合で打率1割台と振るわなかったが、引退後は指導者として手腕を発揮した。

今季からダイヤモンドバックスでメジャー監督してのキャリアをスタートさせると、昨季は69勝93敗でナ・リーグ西地区4位だったチームを、93勝69敗の好成績でプレーオフへ導いた。ロブロ監督は「我々は1年分、より良いチームになっているだろう」と述べ、来季はさらに団結しているはずだと自信を口にしていた。

昨年より24勝も上積みさせて手腕は見事ですね。

こちらもお読みください

MLBメジャーリーグ 歴代ワールドシリーズ優勝チームと日本人選手

スポンサーリンク
スポンサーリンク


スポンサーリンク


記事が気に入ったらフォローお願いいします

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク


Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.