糖鎖と病気の関係は 現在分かっている事は

記事が気に入ったらフォローお願いいします


糖鎖とはなにかについては⇒こちらが詳しいです

人体は、約60兆個という途方もない数の細胞でできています。

この細胞ひとつひとつに産毛のような形でびっしりとくっつき、体に入ってくる物質の情報を読み取っているのが糖鎖です。

8種類の糖が鎖のようにつながっているので糖鎖というのです。

糖鎖は細胞のアンテナとして、体にとって「良いもの」「悪いもの」を振り分け、悪いもの(細菌やウイルス)は体の外に排除するよう、免疫細胞に命令するのです。

このように、糖鎖は、健康な体を維持するために重要な役割を担っています。

医学会では今、糖鎖の研究に注目が集まっています。

この記事では糖鎖と病気の関係で分かっていることをお伝えします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク


 細胞のアンテナ=糖鎖を元気にするのが病気を防ぐ

 すべての病気は糖鎖異常が原因!?

最近の研究で、糖鎖が正常に働けば、体に元々備わっている自然治癒力や免疫力が充分に発揮され、病気にかかるリスクが減ることがわかってきました。

2017年8月8日「たけしの家庭の医学」で糖鎖が取り上げられました。

58分と長いので大事なところをご紹介します。

細胞のアンテナを正常に保つのが免疫力UPになる・・・・2分41秒から4分42秒まで

糖鎖の役割について ・・・・・・・・・・・・・・  26分36秒から30分38

シリル酸について ・・・・・・・・・・・・・・・  33分50秒から

この糖鎖の研究には経済産業省に59億円もの研究費が投資されているのです。

糖鎖が正常であれば、病気を防げますが、反対に、糖鎖に異常が起きたり、劣化したりすれば、たちまち様々な病気を作り出してしまいます。

つまり、糖鎖の構造が解明されれば、ほとんどの病気が治る可能性が高いのです。

糖鎖の構造や働きが少しずつわかるにつれて、病気の原因や生命活動の仕組みも解明されつつあります。

ガンや心臓病、高血圧、アレルギーなどの生活習慣病が、昔に比べ、現代人に増えているのはなぜなのか?その理由が解明される日が近いかもしれません。

 糖鎖と病気の関係については

医学会では今、糖鎖の研究に注目が集まっています。

糖鎖の働きが解明できれば、「人類を病気の悩みから解放する」ことができるかもしれない。そんな期待がされているのです。

最近の研究で、糖鎖が正常に働けば、体に元々備わっている自然治癒力や免疫力が充分に発揮され、病気にかかるリスクが減ることがわかってきました。

反対に、糖鎖に異常が起きたり、劣化したりすれば、たちまち様々な病気を作り出してしまいます。

ガンや心臓病、高血圧、アレルギーなどの生活習慣病が、昔に比べ、現代人に増えているのはなぜなのか?その理由が解明される日が近いかもしれません。

ポイント

糖鎖の構造が解明されれば、ほとんどの病気が治る可能性が高いのです。

糖鎖の構造や働きが少しずつわかるにつれて、病気の原因や生命活動の仕組みも解明されつつあります。

ガンや心臓病、高血圧、アレルギーなどの生活習慣病が、昔に比べ、現代人に増えているのはなぜなのか?その理由が解明される日が近いかもしれません。

くわしくはこちらの記事をお読みください。

糖鎖と現代病5つの関係について

スポンサーリンク
スポンサーリンク


スポンサーリンク


記事が気に入ったらフォローお願いいします

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.