太陽の塔 48年ぶり内部一般公開始まる 予約方法は?

記事が気に入ったらフォローお願いいします

1970年大阪万博の顔として建設された「太陽の塔」は、文字通り万博のシンボルとして

世界中に有名となり、その存在感は抜群で、万博終了後48年経過した現在でも、

唯一残された文化遺産です。

芸術家岡本太郎の代表作でもありますが、実は万博のテーマ館でもあり、その奇抜な外観だけでなく内部にも展示があり、多くの入場者がつめかけました。

この太陽の塔が、来年3月19日から一般公開されることが決まりました。

1970年に開催された『日本万国博覧会』以来の48年ぶりとなります。

保存の為に、今後何度も公開される事は考えにくく、二度とない機会と思いますので、実際に万博を訪れた人だけでなく、知らない方も是非おでかけになられてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

 太陽の塔とは

 太陽の塔は、芸術家の岡本太郎がデザインし、1970年に開催された日本万国博覧会のシンボルゾーンにテーマ展示として、母の塔・青春の塔・大屋根(長さ292メートル、幅108メートル、高さ約40メートル)とともにつくられました。

塔の頂部には金色に輝き未来を象徴する「黄金の顔」、現在を象徴する正面の「太陽の顔」、過去を象徴する背面の「黒い太陽」という3つの顔を持っています。

構造は、鉄骨、鉄筋コンクリート造りで一部軽量化のため吹き付けのコンクリートが使われています。

また、内部は空洞になっており、博覧会当時は展示空間でしたが、現在は公開していません。

「太陽の塔」は過去・現在・未来を貫いて生成する万物のエネルギーの象徴であると同時に、生命の中心、祭りの中心を示したもので、博覧会開催期間中、テーマ館の来館者(約920万人)に多くの感動を与えました。

博覧会終了後は、地下の展示空間は埋められ、巨大な大屋根は1977年から1978年度(昭和52年から53年)にかけて撤去されましたが、40年の時を経た今でも太陽の塔は万博記念公園のシンボルとして残されています。

 展示空間だった太陽の塔内部

来場者は、地下展示場から太陽の塔の内部を通って大屋根の空中展示場へと繋がる経路で観覧していました。

太陽の塔の内部の展示空間には、鉄鋼製で造られた高さ約41メートルの「生命の樹」があり、樹の幹や枝には大小さまざまな292体の生物模型が取り付けられ、アメーバーなどの原生生物からハ虫類、恐竜、そして人類に至るまでの生命の進化の過程をあらわしていました。

スポンサーリンク

 48年ぶりの内部公開

「生命のエネルギー」を表したうねるように立つ高さ41メートルの「生命の樹」が復元工事を経て、48年ぶりに公開されます。

単細胞から人類までの進化の過程をたどる292体の生物模型のうち、183体が復元・修復され、当時の姿で再生されます。

また、音響や照明によるドラマチックな空間が再現され、岡本太郎の芸術を体感できるミュージアムのようになります。

さらに今回、行方がわからなくなっている地下に展示されていた「地底の太陽」が復元されます。

塔の頂部の「黄金の顔」、正面の「太陽の顔」、背面の「黒い太陽」と合わせて、「太陽の塔」の4つの顔がそろうのは48年ぶりの事です。

 予約方法はインターネット

入館は予約制で、2018年3月19日から5月18日までの見学分を1月19日・10時から受け付けます(インターネットからの先着順)です。以降、1日ごとに受付します。

料金は大人700円、小中学生300円(別途万博記念公園自然文化園入園料大人250円小中学生70円が必要です)

ポイント
48年ぶりの太陽の塔内部公開ですが、メインの生命の樹がほとんど再現され、「地底の太陽」も再現されるなど、万博開催時の状況を復元し、今後の保存を考えても二度とない機会と思われます。予約は1月19日10時からとなっていますので、見逃さないでください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


スポンサーリンク


記事が気に入ったらフォローお願いいします

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク


Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.