非常に強い台風21号 近畿から関東に上陸 記録的大雨か

記事が気に入ったらフォローお願いいします


情報源: 台風21号 23日近畿~関東に上陸か(日直予報士) – 日本気象協会 tenki.jp

超大型で非常に強い台風21号は、22日(日)は沖縄や西日本に接近する見込み。23日(月)には近畿から関東付近に上陸する可能性が高くなってきました。




  台風接近前から風雨が強まる

 非常に強い台風21号は非常に強い勢力を維持したまま、22日の未明には沖縄の大東島地方に最も接近し、午後は次第に西日本の太平洋側に接近する見込みです。台風の北上に伴って台風周辺の湿った空気が秋雨前線にたっぷり送り込まれ、前線の活動が21日よりも活発になります。このため、沖縄・奄美、西日本や東日本の広範囲で台風接近前から大雨に警戒が必要です。

 今回は超大型、非常に強い

今回の台風21号は強風域が日本列島を覆ってしまうくらい大きいため、台風接近前から強い風にも警戒が必要です。台風が近づくと、瞬間的には木が倒れたり、看板が落下するくらいの暴風が吹き荒れる所もあるでしょう。海も大荒れとなる見込みです。高潮にも要警戒です。

【22日午後6時までに予想される24時間の雨量(多いところで)】
東海地方、伊豆諸島:300ミリ
四国地方、近畿地方:250ミリ
沖縄地方、九州南部、九州北部、関東甲信地方:200ミリ
奄美地方:180ミリ
北陸地方:130ミリ
中国地方:100ミリ

【22日にかけて予想される最大瞬間風速】
沖縄地方:65メートル
近畿地方、東海地方:45メートル
九州南部・奄美地方、四国地方、中国地方、北陸地方:35メートル

【22日にかけて予想される波の高さ】
沖縄地方:13メートル
近畿地方、東海地方、伊豆諸島:10メートル
九州南部・奄美地方、四国地方:9メートル
九州北部地方、中国地方、関東甲信地方:6メートル

 23日(月)には近畿から関東に上陸しそう

 台風の予想進路図を見てみると予報円がだいぶ小さくなっており、23日には強い勢力を保ったまま近畿から関東付近に上陸する可能性が高くなってきました。その後は速度を速めて北上し、23日の午後3時には、北海道の襟裳岬の南付近にまで進む予想です。西日本から北日本の広い範囲で雨や風が強まり、大荒れとなるでしょう。不要不急の外出は避けるようにして下さい。交通機関が乱れるおそれもありますので、最新の情報をこまめにご確認下さい。

【23日午後6時までに予想される24時間の雨量(多いところで)】
東海地方:400から600ミリ
近畿地方、関東甲信地方、北陸地方:300から400ミリ
中国地方、四国地方、東北地方:200から300ミリ
伊豆諸島:100から200ミリ

降り続く雨で、土砂災害や川の氾濫等の危険性が高くなるおそれがあります。大雨警報など、自治体の避難情報等にも注意をして、身の安全を確保して下さい。

災害記事はこちらも

新燃岳 火山灰は九州だけでなく高知にも到達か

スポンサーリンク
スポンサーリンク


スポンサーリンク


記事が気に入ったらフォローお願いいします

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク


Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.