モーリーロバートソン 本職はDJだった ニュースは大丈夫?

記事が気に入ったらフォローお願いいします

最近ニュース番組でよく見る、白髪頭のおじさん。

それがモーリー・ロバートソンさん。

そもそもモーリーさんは、何者なんでしょうか。

タレント?評論家?経済学者?

コメントは信用できるのでしょうか?

モーリーさんの経歴・職業について調べてみました。

スポンサーリンク

 そもそもユアタイムから

昨年経歴詐称のコンサルタント、ショーンK氏の後任として「ユアタイム」のキャスターを市川紗椰さんと務めましたが、全く無名なのでどんな人か評判になりました。

 話題になったのは高学歴

モーリーさんといえば話題になるのはその高学歴です。

紹介すると1981年に東京大学理科一類に入学

同時にハーバード大学、マサチューセッツ工科大学、スタンフォード大学、イェール大学、カリフォルニア大学バークレー校、プリンストン大学の各大学にも合格。

同年7月に東京大学中退。

1988年 ハーバード大学を卒業。というものです。

特にすごいのは世界の有名大学にすべて合格している事。

当然アメリカの高校を卒業したのだとばっかり、思っていたら日本の修道高校から富山の高岡高校に転入して卒業しています。

 本職はDJ、ニュースは大丈夫?

ハーバード大学では、電子音楽とアニメーションを専攻。アナログ・シンセサイザーの世界的な権威に師事し、1988年、ハーバード大学を卒業しています。

卒業制作は音と映像のモンタージュ作品だった。

卒業後はJ-Wave などでDJをやったり、ミュージシャンとして活動されていたようです。

本職はDJですね。

写真は「空からモーリーが降ってくる」というCDです。

政治には関係ないし、J-waveのDJというとあのあやしい「ショーン・K」さんと同じです。

ニュースは大丈夫なんでしょうか?

スポンサーリンク

 今はジャーナリストです

ツイッターを見るとニュースについての発言がほとんどです。

モーリーさんは2005年から

i-morley という

2005年8月より不定期に配信されていたポッドキャスト番組に出演する事で、ニュースメディアに関わってこられたようです。

採上げられる主なトピックは、人権問題、JASRAC及び著作権問題、国際情勢、格差問題、文化、音楽、ヨガ、メディア、インターネット、大麻、環境問題、移民などの問題を取り上げられています。

だから、もう13年くらいキャリアがあるという事ですね。

この番組は対談形式で奥様の女優の池田有希子さんと共演されています。

バイリンガルの語学力と、世界の有名大学を制覇した優秀な頭脳が生み出す、情報収集表現応力でニュースを分かり易く解説しているんですね。

 マスコミ批判もする

モーリーさんのニュースの解説とコメントは面白いですが、モーリーさんの特徴はそれにとどまらず、マスコミ批判も堂々としていることです。

モーリーさんは無自覚に批判や感想を垂れ流すだけのマスコミや、報道のありかたをマスコミに出演しながらやっています。

著書の「挑発的ニッポン革命論 煽動の時代を生き抜け」に詳しいです。

経歴と、プロフィールの異色なモーリーさん。

でも実力のあるジャーナリストのようです。

今後も的確なニュース解説とコメントを期待したいです。

こちらもお読みください

サンフランシスコ市慰安婦像 大阪市の態度 姉妹都市解消は

スポンサーリンク
スポンサーリンク


スポンサーリンク


記事が気に入ったらフォローお願いいします

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク


Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.