ミシシッピ州でハリケーン・ネイトが2度目の上陸

記事が気に入ったらフォローお願いいします

 アメリカではハリケーンが脅威を奮っています。近況を調べてみました。

7日ミシシッピ州に2度目の上陸をした、トロピカル・ストーム・ネイトは金曜日にホースラスのゴアスコランの近くで大きな被害を与え、中米全域で死亡者を出しました。米国の湾岸に向かう途中でハリケーンに成長しました。




 2回目の上陸

ハリケーン・ネイ トは、日曜日の早朝に2回目の上陸を行い、最大風速は85マイルに達しました。全米天気予報局は、地元の午前12時30分ごろ、レーダーデータがミシガン州ビロキシの近くで捉えたことを明らかにしました。

夕方には、台風はメキシコ湾を抜けて強さとスピードを上げて、米国中央湾沿岸のカテゴリ2の大きさで上陸する予定でした。

気象予報官のエドワーズは土曜日の午後3時までに暴風雨を避けて避難する準備をするように住民に依頼していましたが、エドワーズが1日早く要求した時間よりも5時間早く上陸しました。

ハリケーン警報は、ルイジアナ州の南端近くのグランドアイランドから、メトロポリタンニューオーリンズとミシシッピ湾岸を含むアラバマ – フロリダの国境まで伸びています。

NHCのハリケーン専門家マイク・ブレナン(Mike Brennan)は、「この地域の誰もが、ハリケーン・フォースの風に備える必要があると警告しています。

ニューオリンズ地域のポンチャートレイン周辺を含む、嵐の急増の警告が地域の多くをカバーしています。証言者は、洪水が地上11フィートに達する可能性があると、「それは人命を脅かすものだ」とブレナン氏は語った。

NHCは、「最も深い水は、陸上の近くの東海岸に沿って発生し、大規模で破壊的な波を伴って急増する」と述べた。

アラバマ、ルイジアナ、ミシシッピの各州の沿岸地帯はすでに、7日の大半の時間帯で降雨に見舞われていたが、ネイトがメキシコ湾岸地帯に接近するなか、ルイジアナ州などの当局者は住民に対し、暴風雨対策を終わらせて屋内に入るよう呼びかけました。

ミシシッピ州沿岸部のジャクソン郡では、午後7時から始まる夜間外出禁止令を発令。同州の緊急事態管理当局によれば、ブライアント州知事は6つの郡に加え、ネイトの影響を受ける可能性がある全ての郡に対し非常事態を宣言したといいます。

ネイトはこの6週間で米本土を直撃する3つめのハリケーン。ハリケーン「ハービー」と「イルマ」の襲来時には数十人が死亡したほか、建物数千棟が破壊された。

コスタリカ、ニカアグラ、ホンジュラスの中米3カ国では5日、ネイトの影響で少なくとも28人が死亡している。

 まとめ

台風の被害はわが国だけでなく世界中で起こっています。特に最近は地球温暖化の影響で

カリブ海沿岸やアメリカでも多発していて世界規模で気候変動が起こっていることを示しています。対岸の火事とせずに対策を忘れないようにしたいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


スポンサーリンク


記事が気に入ったらフォローお願いいします

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク


Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.