ハリウッド セクハラ 被害者が広がる

記事が気に入ったらフォローお願いいします

出典:http://jp.techcrunch.com/2017/10/10/

ハリウッドの大物プロデューサーとして、多くのアカデミー賞作品を生み出してきたハーヴェイ・ワインスタイン。これまで少なくとも30年以上、多くの女優や女性スタッフ
にセクシャルハラスメントをしてきたことが今週明らかになりましたが、その後こんな大物女優まで被害の声を上げています。



 大物プロデューサーのセクハラ

新聞「ニューヨークタイムズ」の報道によると、女優のアシュレイ・ジャッドやローズ・マッゴーワンを始め、複数の女性たちがハーヴェイ・ワインスタインのセクハラを告発しました。

アシュレイは20年前、ビバリーヒルズのペニンシュラホテルに「ブレックファーストミーティングをしたい」と呼び出されたときのことを告白している。ミーティングはレストランやロビーではなく彼の部屋で行われ、ワインスタインはバスロブ姿で現れたという。

そしてアシュレイにマッサージを求め、彼女がそれを断ると、ワインスタインは自分がシャワーを浴びているところを見るように求めたとアシュレイは語る。
また彼女は「パニックになって、罠にはめられたように感じた」と当時の恐怖を振り返っている。

女優や女性スタッフに対するセクハラ行為で告発されている大物プロデューサーのハーヴェイ・ワインスタイン。
自身が設立した会社「ワインスタイン・カンパニー」を解雇された。また彼をよく知る有名プロデューサー、
ライアン・マーフィーがこの事件についてコメントしている。

 自分の会社から解雇される

現地時間10月8日(日)にワインスタイン・カンパニーは声明を発表。「この数日間に明らかになったハーヴェイ・
ワインスタインの不道徳な行為を踏まえ、ワインスタイン・カンパニーの取締役はワインスタインを即時解雇することを決断し
、彼に伝えた」とコメントした。この取締役の中にはワインスタインの弟ロバート・ワインスタインも含まれている。

 その後被害はさらに広がる

また被害者からの声も改めて上がっている。すでに被害者の1人だと報じられている女優のローズ・マッゴーワンは、Twitterに「エージェント、マネージャー、監督、キャスティングエージェント、プロデューサー、配給会社、映画俳優組合、全米監督協会、製作者組合、スタジオのトップ、ネットワーク=30年間の隠蔽」と投稿しました。さらにこんな大物女優も声を

上げています。

 あの大物女優も

たとえば、「New York Times」の続報では、ワインスタインの代表作である「恋に落ちたシェイクスピア」の主演を務めたグウィネス・パルトロウが、被害に遭ったことを告白している。当時、彼女は22歳。ワインスタインが製作する「Emmaエマ」で、キャリア初の主演に抜擢されたところだった。

 ワインスタインとビバリーヒルズのペニンシュラ・ホテルでミーティングがあるというので、彼女は何も疑わずにホテルに向かった。しかし、ホテルの部屋で、ワインスタインは彼女にマッサージをしようとし、ベッドルームに行こうと誘う。

ショックを受けた彼女は、ただちに部屋を出て、当時の恋人ブラッド・ピットに、この話をした。ピットは、次にある映画のプレミアでワインスタインを見かけた時、自分から近寄っていき、二度とパルトロウに触れるなと警告したというからすごい話です。

ハリウッドが一体となって、ワインスタインを守り続けてきた業界の体質から、まだまだ被害者が名乗り出てこのスキャンダルは収集しそうにないですね。

他の芸能ニュースも見てみる

スポンサーリンク
スポンサーリンク


スポンサーリンク


記事が気に入ったらフォローお願いいします

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク


Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.