ドラフト2017日程と清宮だけでない注目選手

記事が気に入ったらフォローお願いいします

清宮選手が注目される今年のドラフト会議がもうすぐ行われます。もちろん清宮選手以外も有望選手がたくさんいます。

そこで、今年のドラフト会議の日程を確認し指名されそうな有望選手をご紹介します。



スポンサーリンク
スポンサーリンク


 2017年ドラフト会議日程

  • 日程:2017年10月26日  17:00 開始予定
  • 主催:一般社団法人日本プロ野球機構
  • 会場:グランドプリンスホテル新高輪 国際館パミール
  • テレビ中継:TBS系列全国ネット放送、スカイ・A
  • ラジオ中継:日本放送

 高校生

 投手

栃木大会では作新に敗れて甲子園出場とはなりませんでしたが、プロから注目を浴びているのが青藍泰斗の石川翔投手です。

父はフィリピン人、母は日本人のハーフの石川翔投手、2年夏までは外野手と投手、2年秋からはエースとしてプレイしています。

その素材が評価されており、多くのプロ球団のスカウトが石川翔投手に注目、持ち味は最速151km/hのストレートとスライダー、スカウトの評価としては今年高校生ではトップとのこと。

即戦力ではなく将来性が買われている石川翔投手、その素材が開花すれば将来日本を代表する投手になるかもしれませんね。

1位指名の可能性がありそうな球団は横浜ベイスターズ、ヤクルトスワローズ、楽天イーグルスと予想されます。

 一塁手

大阪桐蔭に敗れたため2017年夏の甲子園には出場しませんでしたが、履正社の安田尚憲内野手の評価は清宮選手と並んで非常に高いです。

高校通算65本のホームランを放ちその長打力は十分、強肩強打の三塁手としてプロから注目を集めています。

名門履正社では1年秋から三塁手としてレギュラーをつかみ、2年時からは4番を務めています。

三塁だけではなく一塁も守ることが出来、守備の面では清宮幸太郎内野手よりも高い評価。

長打力が魅力の安田尚憲内野手、清宮幸太郎内野手、中村奨成捕手と共に大きな注目を集めています。

ドラフトでは1位となるのでしょうか、その点にも注目したいですね。

1位指名の可能性がありそうな球団は広島カープ、ソフトバンクホークス、オリックスバファローズと予想されます。

その場合の指名順位やチームがどこになるのか楽しみですね。

 内野手

佐藤世那投手(オリックス)、平沢大河内野手(ロッテ)率いるチームで夏の甲子園準優勝をした仙台育英、当時1年生の西巻賢二内野手は全試合に出場、準優勝に大きく貢献しました。

1年秋からは投手としてもプレイし主にリリーフとしても活躍、3年時には主将としてチームを引っ張り夏の甲子園ベスト8となりました。

168cmと小柄な西巻賢二内野手の売りは守備、守備範囲も広く先輩の平沢大河内野手よりもその評価が高いと言われています、そして投手を務めるほどの強肩も売りの一つです。

足も速くスカウトからの評価はやはり守備面が最も高いようですね。

ドラフトでは上位指名はないかもしれませんが、内野の守備を買われて指名があるかもしれません、ドラフトにかかるのか注目です。

大学・社会人

社会人No.1左腕:田嶋大樹投手(JR東日本)

身長182cm、75kgと長身細身のスリークウォーター左腕。最速152km/hの切れの良い速球を武器に得意のスライダーで打者を翻弄。持ち球としてはスローカーブとフォークもあり、コントロールもまずまずです。

佐野日大高校出身で1年秋からベンチ入りを果たし、2年生秋から145km/h左腕として注目されるようになり、春の選抜で全国4強入り。夏の大会は怪我の影響もあり予選敗退でしたが、一部報道ではドラフト1位候補と評価されるほどでした。しかし、自身の体力不足を理由にプロ志望届を提出せず、JR東日本へ入社しました。

JR東日本では1年目から公式戦に出場し、社会人日本代表やU-23日本代表に選ばれる等活躍。

日本ハム・大渕隆スカウト部長は「今年の候補の中では図抜けている。参りましたという感じですね」、西武・鈴木葉留彦球団本部長は「ドラフト1位でいかないと取れないのは間違いない。(先発ローテに)ちょっと手を加えれば十分入れる」と高い評価を受けています。

1位指名の予想は、広島カープ、巨人(読売ジャイアンツ)、西武ライオンズ、楽天イーグルス、オリックスバファローズとなっています。

内野手:宮本丈内野手(奈良学園大)

身長181cm、80kgとバランスの良い体格で俊足好打の右投左打遊撃手。50m走を5秒9の俊足が武器で遠投95mと強肩の持ち主。

履正社高校出身で1年生の秋からベンチ入りを果たしました。2年生春の甲子園では1打席のみ出場しています。2年生の秋から三塁手としてレギュラーを獲得し、3年生の春の甲子園に5番打者として出場を果たしました。

奈良学園大進学後は1年春から遊撃手でレギュラーに。秋には打率.452、盗塁11と好成績を収め首位打者とベストナインのタイトルを獲得しました。以降5季連続でベストナインに輝き、3年秋にはMVPに受賞しています。4年生時には大学日本代表にも選出されています。

阪神・山本スカウトは「素材がいいことは分かっているからね」、広島・鞘師スカウトは「バットが振れるし(今後は)当然、12球団が見ていく選手だと思います」と高い評価を受けています。

1位指名はなさそうですが、横浜ベイスターズ、オリックスバファローズ、ヤクルトスワローズ、阪神タイガースの上位指名がありそうです。

異色 東大生の本格左腕:宮台康平投手

身長178cm、体重84kgとバランスの良い体格のオーバースロー左腕。最速150km/hの速球を武器にスライダー、カーブ、右打者へはシンカーで打ち取ります。コントロールはバラつくこともあるがまずまずです。

湘南高校出身で2年生秋には県選抜でスリランカ遠征を経験しています。3年生の春には背番号7の先発2枚看板の一人として県ベスト8に貢献。強豪の東海大相模で粘投を見せたが敗退し、甲子園の出場は果たせませんでした。

東京大学進学後は1年生の秋からリーグ戦に出場を果たしました。2年生の春に143km/hを記録するとその後も球速は増していき最速150km/hを記録しています。2年生の秋には防御率2.17とリーグ4位、3年生春にも防御率2.05でリーグ4位と好成績を収め日本代表にも選ばれています。しかし3年生の秋に怪我をしその後はフォーム変更をして満足良く結果が残せていないのが不安要素です。

楽天・長島スカウト部長は「腕は振れていた。左は貴重。最後まで見極めたい」、日本ハム・大渕スカウト部長は「春に比べて不安がなく、ドラフト直前まで見ていく。中2日の先発はプロにはない。週1回の登板で、と考えることもできる」と高評価を受けています。

1位指名は日本ハムファイターズの外れ1位がありそうです。広島カープ、西武ライオンズ、ヤクルトスワローズの上位指名もありそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


スポンサーリンク


記事が気に入ったらフォローお願いいします

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.