年金狩り これからが本番

記事が気に入ったらフォローお願いいします

 年金狩り 10月から料率が変わります

この10月から厚生年金の年金料率が収入の18.3%(労使込みで)に引き上げになります。
料率は毎年引き上げられており、月収30万円の人ならこの4年間で2万円ぐらい手取りが減っています。
気が付かないように少しづつ引き上げらるという姑息なやり方です。年金狩りはこれからが本番です。前回の年金増税についてはこちら



 実際の年金保険料率を見てみよう

04年小泉内閣時代の制度改革で、年金料率を毎年引き上げる代わりに年金支給を現役時代の50%を維持するという約束でした。いわゆる100年安心年金です。

しかし、14年に発表された答申ではこの50%を維持するためにはなんと料率を
25.9%にまで引き上げる必要があるというのです。

これが実現されると月収のなんと60%以上が年金や社会保険料で無くなってしまう計算となります。
次の表をみてください

2003年 2017年 2019年以降
年金 13.58% 18.3 25.9
健康保険 8.2 10 17
雇用保険 1.75 0.9 1.55
税金 15 15 15
介護保険 0.89 1.65 5
合計 39.42 42.85 64.45

17年で月収30万円ですと、手取り9,300円減っています。
それが、19年以降になると手取りが7万円以上減り、月額209000円にまで落ち込んでしまう。なんと年間28万円もダウンするのです。

 これでは生活できない

給料が増えれば良いが、社会保険料は労使折半なので、負担増になる給与の引き上げには企業は乗り気ではありません。このままだと負担増が我々にのしかかってくる公算が大ですすが、

また年金支給年齢の引き上げを70歳以上にするのは、既定路線ですが、さらに75歳以上が射程に入ってきています。

しかも、負担はサラリーマンのような取りやすいところから取ろうというわけです。
しかし、政治家や役人は気楽なものです。約束を無視し払うものは払わず取るものは取る。
この考えなのでしょう。我々は死ぬまで働くしかないのでしょうか。今回の選挙では安倍政権に反省を促す結果にしたいものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


スポンサーリンク


記事が気に入ったらフォローお願いいします

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク


Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.