ライフデザインを作りましょう

記事が気に入ったらフォローお願いいします

皆さんの今の生活は余裕がありますか?

現在毎月赤字だという方もいらっしゃるでしょうが

現在大丈夫でも、老後の不安がないという方はすくないのではないでしょうか?

生命保険文化センターが行った意識調査によると、自分の老後生活に「不安感あり」の割合は85.7%と9割近くの人が老後生活に対して不安を抱えている結果になっています。

このうち、「非常に不安を感じる」という不安の程度が高い人が22.7%となっています。


この「不安感あり」を性別で見ると、男性82.1%・女性88.4%と、女性の方が6.3ポイント上回っています。

これは専業主婦などで国民年金の方が多いことや厚生年金でも男性より少ない方が多いことが関係しています。

そこでそんな不安を解消するにはどうしたら良いか、

ご一緒に考えて行きたいと思います。

漠然とした不安をはっきりさせる

スポンサーリンク
スポンサーリンク


不安の原因

今あなたは何歳ですか?

30歳ぐらいなら老後の不安は漠然としていませんか?

まだずっと先の事ですね?

40代の方はもっと具体的

50台ならかなり現実的です。

でも何が不安なのかはっきりと言えますか?

いくら足らないか週刊誌などは何千万とか言いますが本当にそうなのか?具体的な数字がわからないから余計不安になるのです。

具体的にお金が必要なイベントを列挙してゆきましょう。

現役世代の60歳までと定年後の60歳以降に分けて考えましょう。

お金が必要なイベントを列挙する

60歳までにかかる費用

就職活動 スーツ代、交通費、宿泊費など 15万円
結婚費用 結納。婚約新婚旅行 400万円
出産費用 49万円
教育資金

(幼稚園から高校まで公立、大学のみ私立)

960万円
住宅購入費               家賃 結婚から60歳まで 30年間    3600万円 ) ローン金利除く 3340万円(
緊急資金               60万円
マイカー資金  5台乗り換えるとして 1000万円
入院費用(自己負担額)        30-50万円

60歳以降は住宅費も含めた
老後生活費(自力で生活できる間)  25万円

介護費用(平均5年)     平均16万円
葬儀費用            50-300万円

が入ります
あなたの年齢を入力します

そのうち公的支援・助成を受けられるものを列挙する

不足分を具体的に把握する

不足分をどのように解消するか?

三つの方法

仕事で得る
副収入で得る
裏技で得る

スポンサーリンク
スポンサーリンク


スポンサーリンク


記事が気に入ったらフォローお願いいします

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.