ボンカレー50周年 その歴史と今は無い幻のカレーとは?

記事が気に入ったらフォローお願いいします

多分日本人で一度も食べたことがないという人はいないでしょう。

そんな誰でも知ってる国民食、大塚食品の「ボンカレー」がこの2月12日に発売50周年を迎えます。
累計30億食という超ロングセラーです。

ボンカレーの歴史と珍しいボンカレー
いまではお目にかかれないボンカレーなど
誰もが好きなボンカレーを調べてみました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク


開発のきっかけ

1964(昭和39)年、関西でカレー粉や即席固形カレーを製造販売していた会社を、大塚グループが引き継いだのが大塚食品の始まりです。

当時、カレーといえば洋食の代表で、ごちそうメニューでした。

カレー粉や缶詰での販売が主流でしたが、メーカー間の競争が激しく、「他社と同じものを作っても勝ち目はない」「何か違ったものを作りたい」と考えていました。

 米国のパッケージ専門誌をキッカケに

photo01

 そんな時ふと目に留まったのが、米国のパッケージ専門誌『モダン・パッケージ』に掲載された「US Army Natick Lab」の記事でした。

缶詰に代わる軍用の携帯食としてソーセージを真空パックにしたものが紹介されていて、「この技術をカレーと組み合わせたら、お湯で温めるだけで食べられるカレーができるかもしれない」と考えたのです。

この新しい技術との出会いをきっかけに、「一人前入りで、お湯で温めるだけで食べられるカレー、誰でも失敗しないカレー」のコンセプトで開発がスタートしました。

スポンサーリンク

ボンカレー誕生 1968年

世界初の市販用レトルトカレー「ボンカレー」誕生秘話です。

今では、長期常温で保存できるのが当たり前ですが50年前にはそんな技術はありません。

当時はパウチにする材料もなければ、レトルトにする釜もありませんでした。

幸い大塚グループで持っていた点滴液の殺菌技術を応用して、レトルト釜を自分たちで作りました。

しかしカレーを入れたパウチをレトルト釜に入れ、殺菌のための高温処理をすると、中身が膨らみ破裂してしまいます。

 試行錯誤の末、1968(昭和43)年2月12日、世界初の市販用レトルトカレーとして、「ボンカレー」を販売しました(阪神地区限定)。ただ、当時のボンカレーは、高密度ポリエチレン/ポリエステルの2層構造の半透明パウチであったために、光と酸素によって風味が失われてしまい、賞味期限は冬場で3ヶ月、夏場で2ヶ月でした。

 牛肉100%のごちそうメニューと煮崩れしない具材の工夫

当時は牛肉がとても高価で、十分に確保するのが難しく「牛肉100%なんて夢のような贅沢!」と思われていた時代。

そんな中『ボンカレー』は牛肉100%にこだわり、とっておきのごちそうメニューとして食卓に提供されました。

当時の発売価格は80円で、これは現在の物価だと274円になるそうです。

具材の調理方法にもこだわりがあります。120℃で30分間高温殺菌しても野菜や牛肉が煮崩れしないように、当時から品種やカットの仕方に細心の注意を払い、丁寧に処理しているのです。

「ボンカレー」というネーミングですが、これはフランス語のBON(良い、おいしい)と英語のCURRY(カレー)を組み合わせ、まさにおいしいカレーという意味が込められています。

初代のパッケージは女優の松山容子さんでした

牛肉野菜入りというコピーが時代を感じさせます。

ボンカレーゴールドの発売

1978(昭和53)年には市場に競合商品も増えたため、日本人の嗜好の変化に合わせて香辛料やフルーツを贅沢に使った新商品『ボンカレーゴールド』が発売されました。

テレビCMには巨人軍の王選手を起用し、話題となりました。また、パッケージのイラストには「おいしさ三重丸」の意味が込められています。

ボンカレーゴールド21

21世紀を迎えて新たなる100年に向け、ボンカレーゴールドは質・量ともにさらに充実した21世紀のスタンダードカレー「ボンカレーゴールド21」にリニューアルしました。

その後もリニューアル

2005年にはボンカレークラシックが発売され、

2007年2月12日「ボンカレーの日」に登録。

2009年「ボンカレーネオ」が発売され、地域限定カレーが出ています。

2015年「The ボンカレー」という最高級の
プレミアムカレーが発売されました。


ボンカレーが長年培ってきた技術をもとに、ブランド史上最高のプレミアム商品『The ボンカレー』が登場しました。

じっくり時間をかけて下ごしらえした牛スネ肉や国産野菜などの厳選素材を使い、まるで手作りするときと同じように香味野菜などを炒めた後にソースを煮込む「二段仕込み」で作りました。ゆったりしたい日に召し上がっていただきたい、本格カレーです。
値段は600円位で売られています。

ボンカレーネオがツボです。

2009年に発売された「ボンカレーネオ」ですが、リニューアルされてバージョンも沢山あるのをご存知でしょうか?

2015年に欧風・オリジナル・インド風の、3つの味にリニューアル。

オリジナルは、発売以来ご好評いただいたボンカレー定番の味。インド風は、ローストしたカシューナッツとカルダモン・粗挽き唐辛子が効いた刺激的な味わい。そして、欧風は、デミグラスソースでじっくり煮込んだコク深い味わいです。

しかも食材にもこだわっています。

左が鹿児島産黒豚ポークカレー中辛
リンゴとバナナのフルーティーナ甘み、
恐らく唯一のポークカレーです。

右が徳島産阿波尾鶏チキンカレー辛口

粗挽き唐辛子のスパイシーな辛さと鶏のうまみが際立つカレー

その他に地域限定発売ボンカレーや幻のボンカレーを見てゆきましょう。

スポンサーリンク

地域限定発売のボンカレー

沖縄地区限定で松山容子さんパッケージのカレーが販売されています。

甘口・中辛・辛口の3タイプで、レシピも発売当時のものを

使用。

ネットでも買えます。

幻のボンカレー自販機

70年代には人気から全国でボンカレーの自販機が多数置かれました。

これはライスも付いていて、温めたボンカレーをかけて食べるというものです。

数年前には徳島に最後の1台が残っていたようですが、今では情報がありません。

「幻のボンカレー」といっていいでしょう。

ポイント
世界初のレトルトカレーとして、発売されたボンカレー。大人気に溺れず、リニューアルを重ねてきています。今では見られないカレーや昔の味を残したカレーなど身近なボンカレーですが、知らないタイプもあります。この機会にぜひ試してみたいと思います。
スポンサーリンク
スポンサーリンク


スポンサーリンク


記事が気に入ったらフォローお願いいします

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.