絶対に損をしない、カードローンの借り換え方

記事が気に入ったらフォローお願いいします

「カードローンの利息が高くて、返済がきつい。借り換えって効果あるのかな?」と、疑問をお持ちの方もいるでしょう。

実は、「借り換え」という言葉を聞いたことのある方は多いものの、実際にどのようなメリットがあるのかをご存知の方は非常に少ないのです。

そこで、借り換えの基本から、専門家が選ぶ借り換え先まで、さまざまな角度から借り換えを解説したいと思います。



 カードローンの借り換えとは何か?

「借り換えしてみようかな」と、考えたことのある方は多いでしょう。
カードローンの借り換えとは、現在利用しているカードローンよりも、さらにメリットのあるカードローンに乗り換えすることを指します。

カードローンでお金を銀行や消費者金融などの金融機関から借りている場合、利率によってはカードローン借り換えをすることで借り入れ金利や返済の手間を軽減させることができる場合があるわけです。

保険は解約出来る 生命保険の見直し はどこから

借り換えのメリット・デメリット

借り換えのメリット・デメリットを簡単にまとめると以下の通りです。

カードローンの借り換えのメリットとデメリット
メリット デメリット
利息を少なくすることができる 再度審査を受ける必要がある
利便性の良いカードローンを選べる 新規申し込み時よりも審査通過率が低い
月々の返済額を減らすことができる 選択ミスをすると、返済合計額が増える場合もある
合計返済金額を少なくすることができる カードローンを選ぶ手間がかかる

上記をご覧いただくとわかりやすいのですが、借り換えのメリット・デメリットは、「自分に合った借り換え先を上手く見つけることができるかどうか」に全てかかっているのです。

 借り換えとおまとめの違いとは

ここで、よく混同されやすい「借り換え」と「おまとめ」の違いについて、触れておきたいと思います。

借り換えとおまとめの違いは、対象となる貸金契約の数が異なることです。
対象となる貸金契約が1つだけの場合は「借り換え」、複数の貸金契約を1つにまとめる場合はおまとめというように分類されます。次をご覧ください。

借り換え事例

金利18%の消費者金融カードローンから、低金利な銀行カードローンに乗り換えた

おまとめ事例
3社の消費者金融を利用していたが返済を効率化するため、低金利な銀行カードローン1つに契約をまとめた場合。

借り換えするべき人

  • 1社の消費者金融を利用していて、カードローンの金利が高く利息額も高いと感じている
  • 現在利用しているカードローンの提携先が少なく、利便性が良くない
  • 毎月の約定返済金額が高く、支払いの負担が大きい
借り換えを上手く利用することで返済を効率化することができますが、どれほどのメリットがあるのか、事前に把握しておく必要があります。

 借り換えの審査は甘い?通りやすくする条件とは

「借り換えの審査は甘いって聞いたことがあるけど、実際はどうなのかな」と疑問をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。

実は、借り換えの審査は新規の申し込みに比べると厳しい場合が多いです。
なぜなら、借り入れを既に行っている状態で新たに審査を受ける必要があるからです。

借り換えの審査に通りやすくするには、既存のカードローン残高をできる限り減らしておくことです。

なぜかというと、借り換えの審査を行う際に、既存のカードローン残高が大きく審査結果に影響するからです。

借り換え審査については次ねページで詳しく説明します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


スポンサーリンク


記事が気に入ったらフォローお願いいします

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク


Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.