江戸の戯画-鳥羽絵から北斎・国芳・暁斎まで 関西では珍しい

記事が気に入ったらフォローお願いいします

4月17日から大阪の大阪市立美術館で「江戸の戯画-鳥羽絵から北斎・国芳・暁斎まで」点が行われます。

太平の世が続いた江戸時代には、多くの戯画(ぎが)が描かれました。

本展では「鳥羽絵」をキーワードに江戸時代の戯画をご紹介します。

鳥羽絵の名は国宝「鳥獣人物戯画」の筆者と伝えられてきた鳥羽僧正覚猷(とばそうじょうかくゆう)に由来するものとされます

こういった戯画中心の展覧会は東京では多いのですが、関西では意外に少ないですので、この機会を逃さずに見に行こうと思っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


展覧会概要

会期:平成30年4月17日(火)~6月10日(日)
【前期】4月17日(火)~5月13日(日)
【後期】5月15日(火)~6月10日(日)
※会期中展示替えあり。

時間午前9時30分〜午後5時(入館は午後4時30分まで)休館日月曜日(ただし、4月30日(月)は開館)。5月1日(火)も開館。 ※災害などにより臨時で休館となる場合あり。

見どころ

鳥羽絵は、18世紀の大坂で鳥羽絵本として出版され、その人気は明治にまで及びました。

鳥羽絵は江戸の「北斎(ほくさい)」や「国芳(くによし)」、そしてその流れをくむ「暁斎(きょうさい)」などにも影響を与え、ユーモアのセンスのある絵画の流れとなりました。

本展では、そのような流れを追いながら江戸戯画のエッセンスを見ることが出来ます。

また、歌川国芳の「金魚づくしシリーズ」全9点がそろうのも見どころの一つです(前期のみ)。 出品予定作品は約280点です)

出展から

地獄図巻 【耳鳥斎】大阪歴史博物館蔵

耳鳥斎は、18世紀後半の大坂を中心に活躍した絵師で独特な画風で人気を博しました。

「地獄図巻」は代表作の一つで、串に刺されて焼かれる川魚屋など、現世での職業に応じて様々な地獄に落ちた亡者たちがコミカルに描かれています。

北斎漫画』九編 【葛飾北斎】

浦上満(うらがみみつる)氏蔵

北斎が描いた絵手本として有名な『北斎漫画』にも戯画的な要素が多く含まれています。

太った男が出陣の準備をしている様子を描いた本図からは、ほのぼのとした面白さが伝わってきますね。

きん魚づくし ぼんぼん 歌川国芳 個人蔵

有名な作品です。擬人化された金魚の仕草が愛らしい本シリーズは、国芳の戯画の中でも人気の高い作品です。

現在9図が知られており、本展覧会では、前期(4/17~5/13)にそれら全てが展示される予定です。

風流蛙大合戦之図(ふうりゅうかわずだいがっせんのず) 河鍋暁斎 河鍋暁斎記念美術館蔵

幕末から明治にかけて活躍した暁斎も戯画を多く手掛けた絵師の一人です。

徳川幕府による長州征伐の見立てとされる本図ですが、擬人化された蛙たちの姿はなんとも楽しいですね。「鳥獣人物戯画」や国芳などからの影響も感じられます。

※5/29~6/10の間のみ展示

ポイント
江戸戯画の本展では有名な作品が多く展示されます。関西では珍しい機会ですので、この機会にご覧になる事をおすすめします。
スポンサーリンク
スポンサーリンク


スポンサーリンク


記事が気に入ったらフォローお願いいします

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.