御朱印を貰おう!神社やお寺がもっとわかる。もっと楽しくなる

記事が気に入ったらフォローお願いいします

神社やお寺参りがブームになって久しいです。

お参りに行く理由は観光や仏像鑑賞パワースポット巡りなどもありますが、最近人気があるのが御朱印です。

御朱印はお参りの証明として神社やお寺からいただける手書きの印の事。

といっても観光地のキネンスタンプとは違い、大切な意味やたくさんの魅力が詰まっています。

行かないと頂けずまた一つとして同じものは無いので、集める楽しさもあります。

しかし最近では御朱印を転売する人がいたり、保管のマナーも問題になっています。

今日は京都で頂ける御朱印についてルーツからいただくまでのマナーなどお届けしますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


御朱印、御朱印帳とは何ですか?

日本ではお寺にお経を書き写してそれを収める事(写経)が功徳を積む行為として盛んにおこなわれました。その時に寄付もします。

そのお経を収めた証としていただいたものが御朱印です。ですから受け取り証となり手書きで頂けたわけです。今日でも御朱印の事を、「納経印」、御朱印帳のことを「納経帳」というのはその名残です。

やがて、観光目的でも頂得るようになりましたが、元々信仰心の証であって記念スタンプとはわけが違います。

御朱印集めの原点は

五指湯印を集めるようになったルーツは、平安時代末期に作られた西国88か所令嬢などの霊場巡礼にあるといわれます。

沢山の札所でいただくいわばスタンプラリーのような面が出てきたわけです。

江戸時代後期になると、京や江戸で、「七福神巡り」のような新しい巡礼ルートが誕生。

寺社巡りそのものが観光になるブームへ。それにともない、巡礼ルートや御朱印の集め方もより多様になってきました。

御朱印の楽しみ方 御朱印の魅力は

御朱印の楽しみ方には三つあります。

ひとりひとりのために心をこめて手書きしていただけます

御朱印は、お坊さんや神職さんの手書き。当然ながら同じものはひとつしてありません。

オンリーワンで、プラスイスレスの価値があります。

 神さま、仏さまとご縁を結ぶ事ができる

おまいりのあかつきにいただく御朱印は、神様や仏様とご縁を結んだことのあかしといえます。

色んな御朱印を押した御朱印帳は仏さま神様とのご縁を記したあなただけの大切な宝物になります。

 寺社巡りの新たな楽しみ、達成感が味わえます

いただく喜びは勿論、あとで見返す楽しみもあるのが御朱印。

訪れた寺社を思い返してみたり、御朱印をきっかけに行ったことのないところへ足を運んでみたり。

集める楽しみを知ると、ますます興味が深まるはずです。

 御朱印には何が書いてあるのか?

頂いた御朱印に何が書いてあるか知りたいですね。

図はお寺の例ですが、神社の場合はもう少し簡単になっています。

参拝の墨蹟、御朱印(狭い意味で)、印、寺号、ご本尊名、お寺の印鑑からなっています。

実際に貰いに行きましょう

まず御朱印帳を用意します。

御朱印帳が無くても御朱印をいただけない事はありませんが、お寺で前もって用意して記入済みの用紙に書いた御朱印をいただくことになります。

また御朱印は紙ですから保存が難しいです。

御朱印を集めるなら個人専用の御朱印帳は必須アイテムです。

2000円前後と決して高いものではないので用意していきましょう。

おすすめはこちらです。

綺麗な柄で男性用女性用と揃っており、お好みのものを

選んでください。

スポンサーリンク

それでは早速頂きにいきましょう

御朱印を頂けるお寺、神社は沢山あります。

特に京都は有名なところが沢山あり観光の目的の一つになります。

その中でもパワースポットでもある、今宮神社をご紹介したいと思います。

玉の輿の語源に

今宮神社は、994年(平安時代)創建の神社で「縁結び」の祈願でしられる神社です。

町家の生れながら、将軍の乳母となり、3代将軍・徳川家光の側室となったばかりか、5代将軍・徳川綱吉の母までになったお玉を出産します。のちにお玉は桂昌院と名乗り、遠く離れた京都にある自身の氏神・今宮神社を厚く帰依しました。

八百屋の娘として市井に生まれながら、女性として栄華を極めたお玉。和製シンデレラストーリーにあやかり、のちに今宮神社は良縁祈願のご神徳がある神社として知られるようになりました。俗にいう「玉の輿」の語源としてパワースポットとして人気があります。

 今宮神社で頂ける御朱印

今宮神社で頂ける御朱印には三種類あります。

三面の和歌

値段1500円

和歌は「白妙のとよみてぐらをとりもちて いはひぞはつむる紫の野に」

と書いてあります。

2面の花笠と御朱印
500円

1面の御朱印
300円

とあります。

近くの寺社が終わったら本格的に西国33か所巡りとかに行って御朱印を集めるのも楽しいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


スポンサーリンク


記事が気に入ったらフォローお願いいします

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.