御朱印の貰い方 神社での貰い方と参拝方法もお教えします

記事が気に入ったらフォローお願いいします

以前御朱印について記事を書きましたが、具体的な御朱印の貰い方については触れませんでした。御朱印とは神社やお寺に参拝した証明として神社やお寺から下付されるものでとても尊くまた美しいものですから収集の対象にしてゆく方が多いのです。

そこで神社とお寺に分けて御朱印の貰い方を調べてみましたので参考にしてください。

 御朱印の貰い方 まずはじめに御朱印帳を用意しましょう

御朱印をもらうには御朱印帳を用意しましょう。

中には普通のノートなどに御朱印をもらおうとする方がいますが、それは失礼な行為と認識される事も多く、断られる事も多いでしょう。

基本的に、御朱印は御朱印帳にもらう、そう考えて下さい。

後で述べるようにオリジナルの御朱印帳を用意している寺社もありますが、もちろん用意していない寺社も多いですので用意していった方が良いです)

御朱印帳は色々なデザイン、紙質、厚さ、価格のものが出ていますが、一例として

御朱印帳の参考ショップです


デザイン面やサイズ、紙質など、気に入ったものを探すのも楽しみの1つです。

また寺社が用意しているオリジナルの御朱印帳を手に入れるのもオススメです。
昨今の御朱印ブームにより、多くの寺社がオリジナルで個性的な御朱印帳を用意するようになりました。
御朱印をもらいたい寺社で、御朱印帳も合わせて頂くのがベストです。
SNSにも適合しますし、良い思い出にもなりますし、よいご縁になると思います。

用意している寺社では、社務所や授与所で購入する事ができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


御朱印帳の種類

一般的に、御朱印帳には2つの種類が用意されています。
蛇腹(じゃばら)と呼ばれるものと、和綴じ(わとじ)と呼ばれるタイプのものです。

蛇腹 和綴じ
アコーディオンのように折りたたみ式のもの 普通の本のようなもの

現在は蛇腹のものが人気で主流となっており、寺社で用意されている御朱印帳のほとんどは蛇腹になっています。
蛇腹のものは開いて眺める事ができますし、開きやすいので、墨書きをする方も書きやすいため、蛇腹のものがオススメです。

蛇腹のものは表面と裏面、どちらにも御朱印を頂く事ができます。
ただし墨書きが裏写りする事もあるため、片面のみ頂くようにする方法もあります。

参拝をする

御朱印帳を用意したら参拝しましょう。

最近は外国人の方などで、スタンプラリーのように参拝せずにいきなり御朱印を貰いにいく方もいるようですが、御朱印は参拝の証明なので、参拝した後で頂くのが当然なのです。
寺社との縁、神仏との縁ですから、有難く頂きましょう。

ところで最近では参拝方法を知らない方も増えていますので簡単な参拝方法をお伝えします。

神社の参拝方法

神社の簡単な参拝方法は次の通りです。

  1. 最初の鳥居を潜る前に一礼する。
  2. 参道はなるべく真ん中を歩かないようにする。
  3. 手水舎(ちょうずや)で身を清めます。
    ・右手で柄杓(ひしゃく)を持ち水を汲み、左手にかけて洗います。
    ・柄杓を左手に持ち替えて、同様に右手を洗います。
    ・再度、左手に柄杓を持ち替えて、左手を水受けにして口をすすぎます。(柄杓に口をつけないように注意)
    ・左手を洗い、柄杓を立てるようにして、残った水で自分が触れた柄の部分に水をかけて清め、柄杓を元の場所に戻します。
  4. 拝殿前では賽銭を入れ、鈴がある場合は鈴を鳴らし、二礼二拍手一礼で参拝をします。
    ・これは一般的な参拝方法で、出雲大社系などは四拍手になったりします。

    折角参拝に来たのですから、あわてずにゆっくりと参拝する事も大切です。

    神社には、境内社(けいだいしゃ)といって境内(けいだい)に別の神社をお祀りしている事も多いです。

    そうした境内社にも参拝しておきましょう。神さまとのご縁が深くなります。

    また神社には歴史的な建物など、色々と見るべきところがありますので、そういったところを拝観しておくのも、神社巡りを楽しむためには大切だと思います。

    最低限の参拝マナーですが、これらを守り、参拝した上で御朱印を貰いましょう。

    御朱印を頂く

    御朱印は、基本的に社務所や授与所と呼ばれる場所で頂く事ができます。
    神職さんや巫女さんに「御朱印をお願いします」「御朱印を頂きたいのですが」といった旨の声をかけてみて下さい。

    また、タイミング悪く書き手がいないなどの理由で御朱印をもらう事ができない場合もあります。
    その場合は、既に書いて置いてある別紙で頂く場合もあるかと思います。

    書き置きの御朱印は、そのまま御朱印帳に糊などで貼ってしまって大丈夫です。
    タイミング的に御朱印を頂けない場合もあったりしますが、頂けないのもご縁と次の参拝に取っておかれたら良いと思います。

    むすび

    神仏とのご縁を深め思い出にもなる御朱印。美術的価値もあり、寺社の書き手の気持ち労力のこもった尊いものですから必ず丁寧に参拝してから頂き、御朱印帳で大切に保存すると後々見返したときに嬉しい気持ちになるものです。
    次回はお寺での頂き方と、御朱印の頂ける主なお寺をご紹介します。
スポンサーリンク
スポンサーリンク


スポンサーリンク


記事が気に入ったらフォローお願いいします

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.