がっちりマンデーで紹介された ラゾーナ川崎の広場がすごいらしい

記事が気に入ったらフォローお願いいします

毎週月曜日TBSで放送されている情報番組、「がっちりマンデー」ですが、その5月6日放送分で取り上げられていた、ラゾーナ川崎の広場が凄い事になっているようですので、

調べてみました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク


ラゾーナ川崎プラザ。

ラゾーナ川崎プラザは川崎駅西口直結のファッション、グルメ、シネコン、ジムなど 約330の専門店で構成された大型商業施設です。

約330のテナントが出店する巨大ショッピングモールで、年間来場者数3800万人!

そこにある広場が…

直径約60mの広場『ルーファ広場』です。

「ルーファ広場」
青々とした芝生が広がり、吹き抜けの広々としたスペースではピクニックをしていたり、ソファーで家族がくつろいでたり、なんだか気持ちよさそう。
でもこれ、「ただの広場」ですよね…。

ラゾーナ川崎プラザを運営する会社の方に伺うと、

「この広場があることで儲かってます。駅から施設の方に抜ける通路という性質とエントランスという意味で、館内を見渡せる空間という設計がされています。」

確かに広場から見渡せる階段状に、店が配置されておりすぐに行きたい店が見つけられる事で

来客が増えているそうです。

有名アーティストのイベントも

出典:https://rockinon.com/feat/yuzu_201704

このルーファ広場では「ゆず」や「きゃりーぱみゅぱみゅ」といった有名アーティストな どのライブイベントを年間約200回開催しています。

しかも無料で行っています。

1つのライブのお客さんが1万人を超えることもあるんだとか。

たくさんのお客さんが集まるのには、広場のカタチにも理由があるようです。

お客さんによると

アーティストとお客さんの距離が近く、吹き抜けの構造の為に開放感があり、
普通のライブよりもアーティストを間近に感じられるそうなんです。

ビッグアーティストのライブだと、かなり混むんですが、建物が、ステージを360度囲んでいるので、いろんな角度から見られます。

意外と上からとかも見えるから無料で楽しめていいですよ!

とのことでした。

テナントへの経済効果

そして、これだけライブにお客さんが来れば、テナントへの経済効果も絶大となります。

CD店の店長さんによると、

規模にもよるんですけどCDの売上げが数百万円は違います。
スタッフ:今まですごかった人はどれくらい売れたんですか?
HMV店長:1千万円弱ぐらいです。

CDショップはもちろんのこと、フードコートでも普段の2〜3倍くらいのお客さんが来るんだそうです。
音楽イベントの経済効果、おそるべしです!

どうして有名アーティストがわざわざ無料でライブをやるのか

でも、気になるのは、なんで名だたるアーティストまでもが、ルーファ広場で無料でライブをやるのかです。

その理由は、ラゾーナ川崎プラザには、老若男女、さまざまな世代のお客さんがおられるからなんです。

アーティストにとっても、通常のライブに来るファンとは違う、新しいファンをゲットできる、絶好のチャンスになります・

ですから、この広場には、たくさんのアーティストからイベントの申し込みが殺到してるというわけなんです。

音楽イベントのおかげもあって、大忙しのラゾーナ川崎プラザ、その年間売上げ

ななんと770億円!

ラゾーナ川崎プラザは、音楽ライブでがっちりというわけでした。

こちらの記事もお読みください
カラオケバトルとは?最強優勝者は誰?
スポンサーリンク
スポンサーリンク


スポンサーリンク


記事が気に入ったらフォローお願いいします

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.