美味しい赤ワインの選び方とコツ

もうすぐボジョレヌーボー解禁となりますが、そもそもおいしいワインはどうやって選んだらよいのか気になりますね。調べてみましたのでご覧ください。




 まずは押さえておこう!赤ワインと白ワインの違い

まずワインには赤ワインと白ワインがありますが、この違いを押さえておきましょう。

まず、大きな違いといえば「色」です。

•赤ワインと白ワインの違い

  1. 赤ワインは、主に黒ブドウを使ってつくられる
  2. 赤ワインは、ブドウの皮や種も一緒に発酵させてつくられる
  3. 味の違いを表す際に「ボディ」という言葉を使う。

•白ワインが黄緑色の「白ブドウ」を使うのに対し、赤ワインは主に黒っぽい色をしている「黒ブドウ」を使ってつくられます。

その製造の過程で、ブドウの果汁だけでなく皮や種も一緒に発酵させるため、皮から色が染みだして赤くなります。その結果、赤ワインが生まれるというわけです。

ちなみに、白ワインの場合、ブドウの「皮」は使わず、ブドウの中身の実しか使いません。
よって、透明や黄緑に近い色になります。

 赤ワインの選び方の基本

  「ボディ」で選ぶ

赤ワインの世界では、味や香りの傾向を「●●ボディ」という表現を用いて、以下の3つに分けています。

「ボディ」という言葉は直訳すると「身体」をあらわす意味ですが、ワインの味や香りの複雑さを表しています。

  • フルボディ

    渋みが強く、香りも味も濃厚で、色も濃い赤ワインのことを指します。
    言葉であらわすと、主張が強く、ズシッと「重い」ワイン。

    レストランで店員さんにオススメワインを聞くと「重め、軽め、どちらがいいですか?」と聞かれることがありませんか?

    あの「重い」という言葉は、フルボディのような香り・味・渋みが強いワインのことを指しているんです。

  • ライトボディ

    フルボディと対極にあり、色が薄く、飲んだ時に渋みが少ない赤ワインのことを指します。
    言葉であらわすと、主張は控えめで、サラッと「軽い」ワイン。

    口当たりが軽く、アルコール度数が低めのワインが多いので、初心者でも飲みやすい赤ワインです。

  • ミディアムボディ

    フルボディとライトボディのちょうど中間にあたるワインです。

    渋みや酸味、香りがほどよいバランスの赤ワインが多いです。

普通ワインごとにこれらの「ボディ」が割り当て表示されているのですが、割り当てのルールとしては、アルコール度数や「タンニン(※)」の多さなどが考慮されます。

(※タンニンとは、ブドウの皮や種に含まれている渋み成分のこと。

赤ワインの場合、皮や種も一緒に搾ってつくられるので、タンニンを感じられる味わいになっています)

たとえば、一般的なワインのアルコール度数は11~14%ですが、フルボディのワインには13%を超えるものが多くあります。

逆に、ライトボディはアルコール度数が比較的低めで、11~12%のものが多くあります。
また、10%を切るものも稀にあります。

また、フルボディのワインにはタンニンが豊富に含まれているため、「渋み」をしっかりと感じられるワインが多いです。

渋みのあるワインがお好きな方には、フルボディのワインがオススメです。

逆に、渋いのは苦手という方には、ライトボディのワインがいいでしょう。

赤ワインを選ぶ際は、まずは「ボディ」で選ぶところからスタートですね!

  ボディの次は「品種」で選ぶ

そして、その次にブドウの「品種」で選ぶ。

ただ、ブドウの品種といっても、その数は何千種類もあり、それぞれ風味が違います。

よって、ワイン初心者だと「何を選べばいいかわからない」と混乱してしまいます。

そのため、「これだけを憶えておけば赤ワイン選びはOK」という、代表的な6つのブドウの品種について紹介しておきます。

  • カベルネ・ソーヴィニヨン

    赤ワインに使われる黒ブドウの中で、もっとも有名な品種。

    カシスやブルーベリーのような力強い香りと、ブドウの渋みのもとである「タンニン」がしっかり感じられるのが特徴です。

  • メルロー

    世界中で広く栽培されている品種です。
    プラムやブラックチェリーのような香りがします。

    カベルネ・ソーヴィニヨンと比べると、タンニンや酸味が穏やかで、やさしい味わいが特徴です。

    「赤ワインはちょっと苦手だけど、チャレンジしてみたい・・・!」という人は、メルローの名前がついた赤ワインから試すとよいでしょう。

  • ピノ・ノワール

    フランスのブルゴーニュ地方を中心に栽培されている品種です。
    イチゴやチェリーのような香りがします。

    栽培される国によって風味に違いが出やすいのが特徴。

    ちなみに、チリのピノ・ノワールはタンニンと酸味のバランスがいいものが多いんです。

  • シラー

    フランスとオーストラリアで多く栽培されている品種です。

    オーストラリアでは「シラーズ」と呼ばれています。

    黒コショウのような香りと、スパイシーでしっかりした味わいが特徴。

    タンニンは穏やかで、なめらかな口当たりです。

  • サンジョベーゼ

    イタリア原産のブドウ品種です。

    しっかりとした酸味とコクがあり、高級ワインからデイリーワインまで幅広く使われています。

    イタリア料理との相性もバツグン。

  • テンプラニーリョ

    スペインの赤ワインといえば「テンプラニーリョ」というぐらい、スペインで多く栽培されています。
    繊細で華やかな香りと、フルーティな味わいが特徴です。

    なめらかな酸とタンニンの渋みで、コクのあるワインになることが多いです。

     まとめ

    ボディと品種の二つで大体ワインを選ぶことができます、さらに詳しくは稿を改めてお伝えしますね。

  • ボジョレヌーボーについてはこちら
  • ボジョレーヌーボーの種類やスパークリングについて
  • 本当に美味しいワインをあなただけに教えます その1
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.