没後40年 熊谷守一 生きるよろこび展 みどころ 図録 展覧会グッズも

記事が気に入ったらフォローお願いいします

没後40年を記念して、画家、熊谷守一(1880‐1977)の回顧展が東京国立美術館で開かれます。

熊谷守一は、明るい色彩と単純化されたかたちを持つ作風で、晩年は花や虫や鳥など身近なものを描くたくさんの作品を生み出し、親しみのある画風で知られます。

97年もの長い間、研鑽を積み独自の境地に達するまでの、作品を集めました。

代表作の、雨滴》(1961年、愛知県美術館 木村定三コレクション)、《猫》(1965年、同)といった代表作をはじめ、200点以上が一堂に会します。

最新の研究成果を踏まえて行われる、東京での久々の大回顧展をご紹介します。

スポンサーリンク

 熊谷守一とはどんな人か

1880(明治13)年-1977(昭和52)年。岐阜県 恵那えな 郡 付知つけち 村に生まれる。

1900(明治33)年、東京美術学校西洋画科撰科に入学し、黒田清輝、藤島武二らの指導を受ける。同期に青木繁、和田三造らがいます。

富裕層の出身で、父は初代岐阜市長で衆院銀も務めた方ですが、極度の芸術家気質で貧乏生活を送りました。

1909(明治42)年には《 蝋燭ろうそく 》により第3回文展で褒状を受ける。

翌年一時帰郷、1915(大正4)年に再上京するまで、材木運搬をはじめさまざまな仕事につく。上京後は二科会で発表を続け、二科技塾の講師も務める。1922(大正11)年、大江秀子と結婚するも、1928(昭和3)年に次男・ よう を、32(昭和7)年に三女・ あかね を、47(昭和22)年に長女・ まん を失くすなど、戦争をはさんで次々と家族の死に見舞われます。

戦後は明るい色彩と単純化されたかたちを特徴とする画風を確立し、97歳で没するまで制作を行いました。

住まいの跡地は現在二女、熊谷榧氏を館長とする「豊島区立熊谷守一美術館」となっています。

 会期は

会期:2017年12月1日(金) – 2018年3月21日(水・祝)
会場:東京国立近代美術館 1階 企画展ギャラリー(東京都千代田区北の丸公園3-1)
交通:東京メトロ東西線 竹橋駅 1b出口徒歩3分

休館日:月曜日(ただし 1月8日、2月12日は開館)、

年末年始(12月28日~2018年1月1日)、1月9日(火)、2月13日(火)

開館時間:10:00−17:00(金、土曜日は20:00まで、入館は閉館30分前まで)

公式サイトです

 作風と見どころ

《猫》

《雨滴》

瓢々 とした味わいを持つエッセイでも知られ、『へたも絵のうち』(原著は1971年、現・平凡社ライブラリー刊)は、現在もロングセラーの文庫となって若い層にも読み継がれています。

その作品は一見ユーモラスで、何の苦もなく描かれたように思えます。

しかし、若い時期から晩年までの制作を詳しくたどると、暗闇や逆光など特殊な条件下でのものの見え方を探ったり、スケッチをもとに同じ図柄を複数の作品に用いる方法をつくり上げたりと、さまざまな探究の跡が見えてきます。穏やかな作品の背後には、科学者にも似た観察眼と考え抜かれた制作手法とが隠されているのです。

スポンサーリンク

 音声ガイドは

音声ガイドのナビゲーターは、映画「モリのいる場所」(2018年5月公開)で熊谷守一役を演じた山﨑努さんと、妻・秀子役を演じた樹木希林さんです。

97年の生涯を思うままに生き、描き続けた熊谷守一の作品の魅力を、守一自身が残した言葉を交えながらご紹介します。

ボーナストラックには、本展覧会企画者の蔵屋美香(東京国立近代美術館企画課長)と山﨑努さん、樹木希林さんのスペシャル対談を収録しました。

 図録とグッズ

図録とグッズにも「雨滴」と「猫」が使われています。

図録 2500円(税込)
(210㎜×168㎜[B5変形]、376ページ)

ノート

各450円(税込)2種類

iPhoneケース

2300円(税込)

 さいごに

前述の『へたも絵のうち』で、(二科の研究所の書生さんに「どうしたらいい絵がかけるか」と聞かれたときなど、私は「自分を「生かす自然な絵をかけばいい」と答えていました。下品な人は下品な絵をかきなさい、ばかな人はばかな絵をかきなさい、下手な人は下手な絵をかきなさい、と、そういっていました。」

と書いています。

全く自然流ですね。

一人一人の魂を大事にする姿勢が、対象にも注がれていたのだと思います。

今まで何度か回顧展は行われていますが、もうまとまって見れる機会はないでしょうから、行ってみたいですね。

こちらの記事もお読みください。

皇室の彩展 みどころ 東京藝術大学創立130周年記念特別展

スポンサーリンク
スポンサーリンク


スポンサーリンク


記事が気に入ったらフォローお願いいします

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク


Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.