寛永の雅 江戸の宮廷文化と遠州・仁精・探幽展 みどころとイベント

2月14日からサントリー美術館にて「江戸の宮廷文化と遠州・仁精・探幽」展が開催されます。

17世紀初め、泰平の世が実現し、文化面でも新たな潮流が生まれます。それが寛永年間(1624~44)を中心に開花した「寛永文化」です。寛永文化は「きれい」という言葉に象徴される瀟洒な造形を特徴とし、当時の古典復興の気運と相まって、江戸の世に「雅」な世界を出現させることとなりました。
京都中心の「雅」に影響されながら、武家社会と新しく起こった町人文かも取り入れ新たな文化が勃興しました。

新しい時代にふさわしい美意識が醸成され、共有されていったのです。
本展ではこのような近世初期の「雅」を担った宮廷文化と、それと軌を一にして生まれた新時代の美意識が、小堀遠州(こぼりえんしゅう)、野々村仁清(ののむらにんせい)、狩野探幽(かのうたんゆう)などの芸術に結実していく様子がご覧いただけます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
レクタングル大

展覧会概要

会期 2018年2月14日(水)~4月8日(日)

※作品保護のため、会期中展示替を行います。

開館時間 10:00~18:00(金・土は10:00~20:00)

※いずれも入館は閉館の30分前まで

休館日 火曜日
※4月3日は18時まで開館※shop×cafeは会期中無休

公式サイト

https://www.suntory.co.jp/sma/exhibition/2018_1/index.html

 本展のみどころ

  新時代への胎動―寛永のサロン

江戸幕府は政権を確立すると、朝廷に対して支配を目的にさまざまな働きかけを強めます。

そのなかで、二代将軍・徳川秀忠の娘、東福門院(とうふくもんいん)入内などの融和政策を通した幕府の莫大な経済的援助は、京都を中心とする寛永文化を開花させる大きな要因になりました。

寛永文化の中心は京都にあり、なかでも学問・諸芸に造詣の深かった後水尾院(ごみずのおいん)は、長く絶えていた儀礼や古典文芸の復興に心を尽くしたことで知られています。

この当時の文化は大衆文化ではなく、一部のサロン的な文化でした。

その中心を担ったのが、遠州・仁清・探幽であったわけです。

 小堀遠州

小堀遠州(1579~1647)は寛永文化を代表する茶人であるとともに、伏見奉行を長く務めた江戸幕府の有能な官僚でもありました。

そうした遠州は、幕府によってもたらされた泰平の世にふさわしい、武家の教養としての「大名茶」を目指すべく、さまざまな新機軸を打ち出しました。

なかでも、和歌をはじめとする宮廷文化の「雅」を茶の湯に導入しただけではなく、東山文化、桃山文化、そして当時最新の中国、朝鮮、ヨーロッパの作品にいたるまで、新旧さまざまな道具を自らの美意識で選別し、新たな茶の湯の世界を切り開きます。

それは優美で均整のとれた形や明るい色彩を特徴とするもので、後に「きれい寂(さ)び」と評されるようになりました。

ここでは遠州が茶会で実際に使用した茶道具や、記録から想定されるものも含めて、遠州の「きれい寂び」の世界をご紹介します。

野々村仁清

色絵の技法を大成し、京焼随一の名工として名高い野々村仁清(生没年不詳)は、正保4年(1647)ごろ御室仁和寺(おむろにんなじ)の門前に窯を開き、御室窯の活動を開始しました。

そして、この開窯にあたって言わばプロヂューサー的な位置にあったのが、遠州と同じく寛永期に活躍した茶人、金森宗和(1584~1656)です。

御室窯は「宗和好み」と言われた様式を作り出しました。

それらはまさに「きれい寂び」のような寛永の美意識を継承・発展させたものと言っていいでしょう。

今日、仁清を代表する華麗な色絵陶器は、実は宗和の指導を離れた後に江戸や地方の大名の好みによって作られたものが多いのです。

ここでは初期の「宗和好み」の作品から華麗な色絵陶器にいたるまで、仁清の多様な作例をご覧いただけます。

狩野探幽

狩野探幽(1602~74)は、狩野派の絵師である狩野孝信(かのうたかのぶ)の長男として京都に生まれました。

幼くしてその画力を徳川家康・秀忠に認められ、本拠地を江戸に移し、幕府の御用絵師として活躍します。

探幽は、大きな余白と淡彩を主体とする独自の様式を確立し、狩野派の画風を一変させ、江戸時代を通じてあらゆる流派に影響を与えました。

一方で、探幽の絵画は後水尾院に称賛されるなど、宮廷文化からも評価されるものでした。

その優美で平明な画趣は、探幽と交流のあった小堀遠州の「きれい寂び」に通じるものとも言えるでしょう。すなわち、探幽の新様式は、武家や公家といった枠組みを越えて共有されていた、最先端の「時代の美」だったのです。

ここでは、探幽の寛永期から晩年に至るまでの画業を振り返り、時代が求めた新しい美を追体験していただきます。

 

音声ガイドと展覧会グッズ

音声ガイドは¥550 (英語版もある)ということ以外は分かりません。
分かり次第アップします。

展覧会イベント

展覧会に合わせて各種イベントが行われます。

いずれも無料で展覧会をより楽しめる内容になっていると思いますので

ご参加してみてはどうでしょうか?

フレンドリートーク

無料で申し込み不要

開催日

◆開催日:毎週土曜日(2/17、2/24、3/3、3/10、3/17、3/24、3/31、4/7)

見どころトーク

無料で申し込み不要

開催日 ◆開催日:2/25(日)、3/25(日)

体験型ミニレクチャー「はじめてひらく 美のとびら」シリーズ:やきものの巻~桐箱のひみつ~

無料で申し込み不要

◆開催日:2/18(日)、3/11(日)、3/21(水・祝)、3/28(水)、4/1(日)

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.