今宮戎神社の御利益 十日戎の混雑ピークは

記事が気に入ったらフォローお願いいします

今年もあと僅かとなりました。

新しい年のスタートは初詣ですが、さらに大阪では今宮神社の十日戎が新年のスタートになります。

1月9日から11日までの3日間で、100万人の参拝者が訪れると言われる十日戎です。

人気の理由はご利益、福笹、福娘にあります。

そこでそれぞれについて説明し混雑状況と周りの駐車場情報を調べてみましたのでご覧ください。

スポンサーリンク

 今宮神社のご利益は

商売繁盛で笹持ってこい!で有名な今宮戎神社ですが、えべっさんは恵比須様です。

七福神の一人ですね。
京都戎神社、西宮戎と並び、日本三大えびすと言われます。

商売繁盛の他にもご利益がいっぱい!

こんな感じです。

  • 所願成就
  • 商売繁盛
  • 厄除
  • 除災招福
  • 運気上昇
  • 豊漁祈願
  • 航海安全

 名物の福笹は

知らない方もおられるかもしれませんが、
福笹は無料なんです!
出来れば綺麗な福娘さんからもらうと嬉しいですね。

飾り物は、子宝(吉兆)といわれます。

種類は、末広・小判・小槌・鯛などの縁起物で、福娘の方がつけてもらいます。

値段は1000円から1万円位が多く、熊手には50万円を超えるような交換な物もあります。

 えべっさんと言えば福むすめ

えべっさんと言えば、福笹に吉兆を付け渡してくれるご奉仕をしてくれる美人の巫女スタイルの女性たちで、「福むすめ」といいます。

えべっさんの華ですね。

福娘は、満十八歳から二十三歳までの女性で、毎年公募され、最終的に40名が選ばれます。

応募者は毎年3000人を超えるほどの高倍率です。

過去に藤原紀香や、アナウンサーの輩出率も高く、就職やお見合いに有利な肩書にもなると言われるため、この狭き門に応募者が殺到するようです。

スポンサーリンク

 混雑状況は?

9日 宵えびす

10日 本戎

11日 残り戎

と3日間開催の10日戎です。

終日開催の十日戎は、ほぼ毎日混雑していますが、勿論1月10日の本戎、それも夜がもっとも混雑します。

時間帯は3日間とも、午後2時から4時の間は、参拝者が多く入場規制もされます。

参拝は終日大丈夫ですから、穴場の時間帯は、3日間とも早朝が、混雑した中でも比較的空いています。

 周辺のアクセスは

参拝者数100万人の十日戎。

かなりの混雑になるので、車では行かないほうがいいです。

住所は大阪府大阪市浪速区恵美須西1丁目6番10号

電車の最寄駅はこうなります。

地下鉄御堂筋線 大国町駅より徒歩5分

地下鉄堺筋線 恵美須町駅より徒歩5分

南海高野線 今宮戎駅より降りてすぐ

阪堺線 恵美須町駅より徒歩5分

JR新今宮駅より徒歩10分

 交通規制と駐車場。

交通規制は勿論実施されます。

1/8 午前9時~翌午前0時

1/9~1/11 午前9時~午前0時

1/12 午前0時~午前6時

どうしても車で行きたい場合は、駐車場に止めましょう。

今宮戎神社には専用駐車場がないため、有料駐車場を利用することになります。

今宮戎駅(大阪府大阪市浪速区)周辺にはタイムズの時間貸駐車場がたくさんあります。

  詳細はこちらです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


スポンサーリンク


記事が気に入ったらフォローお願いいします

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク


Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.