七五三の由来などについて

記事が気に入ったらフォローお願いいします

 七五三の由来

七五三とは子供の成長に感謝する日です。七五三は子供が無事に育ってくれたことを神様に感謝しこれからの健康と幸福を祈って神社にお参りする行事です。

昔は今ほど医療が発達していなかったため、幼い子供が亡くなるのは珍しいことではなく、7歳までは神の子と言われていました。そのため3歳5歳7歳の節目でこれまで、無事に成長したことを感謝し、お祝いすると共に、これからも無事に大きくなれる様にお願いお参りするようになったのです。

 その起源は元々は宮中の行事で、3歳になると髪を伸ばし始める「髪置き」、男の子は5歳になって初めて袴を着る「袴着」、女の子は7歳から大人の帯を締める様になる「帯解」の儀式が行われていたことに由来します。



 千歳飴に込められた願い

七五三の晴れ着につきものなのが千歳飴です。千歳は千年という意味で引っ張って伸ばしながら飴を作ることから、いつまでも長生きできますように、という願いが込められているのです。

鶴や亀のおめでたい絵柄の袋の中に、細長い棒状の紅白の雨を年の数だけ袋に入れると良いそうです。江戸時代に東京浅草で、飴売りが細長い飴を売り歩いたのが始まりといわれています。

 行事を楽しむワンポイントアドバイス

七五三でお祓いを受ける時神社によってお待ち時間があったり大勢の参拝者の中で静かにしていなくてはならない場面があります。順番が来るまで退屈で子供が静かにしないと言う時は静かに周りの様子を見渡して、珍しいことや面白そうなことをどんどん探してみましょう。

子供は目を丸くしていろんなものを発見してくれるはずです。大きな声を出さずにそっと報告し合いましょう。普段なかなか味わえない、厳かな神社の雰囲気を楽しんでみるのです。

 お孫さんなどへのお祝いはいくらが良いか?

ところで、七五三のお祝いはいくらが良いのか、気になりますね。七五三のお祝いの相場は、現金でも品物でも同じです。金額相場は、贈る相手の家族との関係で変わります。

また、地域や他の親族との兼ね合いでも金額は変わるため、祖父母や親族に相談して決めるといいでしょう。

 七五三のお祝い金額相場はこれくらいです

  • 祖父母:10,000~30,000円
  • 親戚:5,000~10,000円
  • 近所、知人:3,000円~5,000円

贈り主が祖父母の場合、七五三で孫が着る晴れ着一式やそれに相当する現金、またはレンタル衣装代、写真代を贈るなどの場合も多いようです。血縁上それほど近くなくても親しい仲であれば、相場以上の金額のものを贈るケースもあります。一方で、親戚でも全く付き合いがないと、お祝いを一切贈らないこともあります。その家族との親密度も考慮してみると、お祝いの金額を決めやすいかもしれませんね。

七五三のお祝いは、金額相場や他の親戚との兼ね合いもあるため、決めるのがなかなか難しいですよね。迷ったときは、自分たちだけで悩まず、親戚や相手の家族と相談してみても良いのでは。

肝心なのは、金額や物よりも、節目を迎えた子供さんの成長を祝うという気持ちですね。贈る相手の事も考えて、気持ちを込めたものを贈れば良いのではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


スポンサーリンク


記事が気に入ったらフォローお願いいします

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク


Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.